ギャラリー巡り 外苑前ー清澄白河 2018

昨日、雨でしたが外苑前のギャラリーダズル、「静かな瞳の中に」にいじまみわさんの個展に行きました。

色合いがしっとりとして、懐かしい絵を描く作家のにいじまさんが在廊していて初めてお会いしましたが、絵について色々とお話ができ、またご出身が山形県長井市というので話がはずみ楽しかったです。

 

続いて、MJの友人、くのまりさんの個展「この道の向こう」清澄白河の「ondo」に行ってきました。

沢山の人がOPに集まり、仕事も順調のようで、変わらないくのさんの世界を堪能してきました。

0 コメント

ギャラリー巡り、西荻窪―吉祥寺―外苑前 2018

秋になってMJの友人が次々と個展をしているので、今日はぐるっと回ってきました。

 

まずは、西荻窪のギャラリー「ヨロコビTO」で、若林夏展『ドラマティック通り』

お夏さんの絵はいつ見ても元気になるねー。顔出しOK、ありがとー。

(今回は私も一緒に写ってみたけど辛いものが〜)

 

吉祥寺のギャラリー「一日」で、大沢かずみ作品展『PERSONAL SPACE』

シンプルな線描きにポイントに入れた色が効いていておしゃれで都会的でした!

大沢さん、顔出し写真OK、ありがとー。

 

同じく吉祥寺「にじ画廊」で、大滝直子 岩永達矢 二人展『深海にもぐる』

大滝さん(DMの上の絵)久しぶりに会ってお話ができてよかったけど写真撮り忘れた―、DMで勘弁してね。

絵本にピッタリの訴求力のある絵でした。

 

続いて外苑前「ギャラルーハウスMAYA」で、久勝堂『二人展』

久勝堂の津田勝久さん(左の絵)は、MAYA装画コンペでの入選仲間、時代物を描く好青年です。

今回の絵はMAYAブラッシュアップ講座selectionの一環で、もうお一人の大田裕範さん(真中の絵)と一緒の展覧会でした。

0 コメント

ギャラリー巡り

個展やグループ展をいつも見ていますが、怠けてほとんどブログにアップしていなかったので、これからはまめに載せたいと思います。

第16回TIS公募の受賞作品展覧会を見に行ってきました。

表参道の「ギャラリー5610」で、MJから5人が入選しています。

例年ほどではないけれど、やはり新しい試みやアイデア、タッチが目を引きますね。

 

京王井の頭線で吉祥寺へ、田口実千代さんの個展「Vacances」見てきました。

いつ見ても精神が解き放たれるような、身体がほぐれるような気持ち良さです。

平面を分割した絵が新鮮、今回は全て油絵にしたと言ってました。はにかんだグッさん、顔出しOKの写真ありがとう!

 

続いて西荻窪へ、二十果さんの個展「ちいさくておおきい」見てきました。

張りつめた緊張感なのに優しさが表現されていてとても綺麗! 繊細に描かれた実寸大の動物たちはB1サイズ、縦1M強で迫力ありました。

2 コメント

「装画の仕事」展 ・2018

ギャラリーDAZZLEでのグループ展のお知らせ

「装画の仕事」展
4月3日(火)〜4月13日(金)月曜休廊
オープニングパーティ 4月3日18:00〜20:00

 

装画の原画を見たいという要望が、イラストレーターのみならず装丁家や編集者からもあり、過去2013年-2015年に3回開催した「装画と装幀展」と同様に、2016〜2017年度に出版された書籍と原画の展覧会です。

原画から出版物になったときにどうなるのか、装丁家の方はどうデザインするのか、大勢の方の展示を見ていただきたいと思います。
3日はOPがありますので皆さんいらして下さると嬉しいです。ぜひお出でかけ下さい。

0 コメント

「時代小説と深川」深川江戸資料館企画展 2017

今年は例年より10日も早く桜が咲き始めた。

日曜日の今日、風もなくポカポカの良い天気なので、近所の桜まつりを見に出かけたはずが思わぬ遠出の散歩となりました。(写真はクリックで拡大)

 

家を出てまずは富岡八幡宮へ。骨董市をやっていたので端から端まで見てこのアメリカ製のビンテージ品(と、おじさんが言っていた)陶器の貯金箱、高さ14cm、1500円で購入!

古石場図書館に本を返した後、古石場親水公園の花を撮る。東富橋から大横川遊歩道へ。

 

「大江戸深川桜まつり」が昨日から開催中。石島橋に屋台が出ています。

 

小腹がすいたので深川2丁目の「エアーズバーガー」へ行ってみるも、10人以上の行列で断念、清澄白河の方へ足を延ばし、霊巌寺の桜を見て、深川江戸資料館通りの「ミディアム」というメキシコ料理のカフェに入りました。ランチのサンドイッチを頼んだが、めちゃめちゃ美味しかったです!

 

その後、深川江戸資料館の「時代小説と深川」企画展を見に行くことに。

深川を舞台にした時代小説が紹介されていて、池波正太郎の直筆原稿や、本、装画、などが置いてあります。

外国人(西洋人)のツァー客がいて、観光客もここまで来るのかと驚きでした

 

「時代小説と深川マップ」のパンフレットには小説の舞台になった場所を地図で示してあり興味深く見ました。

深川在住なので、時代小説を読んでいると頭のなかで実際にその土地をなぞっていることがよくあり、歩いているような気になります

 

資料館の長屋の三味線の師匠の部屋で「江戸小歌」の実演、商家の看板と長屋の竃(へっつい)の写真です。

「ブリジェラ」「ブルーボトル」の横を通り、OKストアで買い物をして帰宅。

結構、洒落たところに住んでるのね、私達って。

思いもかけず、楽しくて長い散歩でした!

 

0 コメント

MJ展、終了しました 2018

2月2日から始まった「MJ展2018 vol,10」は2月14日に盛況のうちに無事終了しました。お出頂いた皆さまありがとうございました!

 

1日は搬入・設営、2日はオープニングと二次会、毎年1回も欠かさず参加してきたのに、今年はぎっくり腰と風邪で参加できずーー!とても残念でした。

会期13日間、仕事先や友人たちにお会い出来てとても嬉しく有意義な時間を過ごしました。

 

会場内Mフロアと展示した作品3点です。

0 コメント

MJ展 vol.10 始まります

総勢153人、見ごたえがあります。ぜひお出かけ下さい!

 

2018年2月2日(金)〜2月14日(水)

open : AM11:00〜PM7:00

※会期中無休

※最終日14日(水)はPM5:00まで

オープニングパーティー:2月2日(金)PM6:00〜PM7:30

会場:六本木ストライプスペース・ストライプハウスギャラリー

 


0 コメント

展示会「江戸のいい女・いい男」 2017

    着物と装身具に見る 

   江戸のいい女・いい男

〜徴古裳 中村コレクションを中心に〜

昨日23日、日曜日、天気も良いので渋谷から移転してきた「たばこと塩の博物館」へ夫と行ってきました。

場所は東京スカイツリーのそば、家からは最寄りのバスで15分位の近場なので気楽に出かけ堪能してきました。

小袖、単衣、帷子、振袖、とにかく刺繍や文様が素晴らしかった、しかし妙に

短い・・?

キャプションを見ると、身丈(着物の総丈)が140〜〜150〜160センチくらいが多く、長いもので172センチが最高で、平均は155センチ位です。

江戸時代の人の平均身長は男性150〜154センチ、女性140〜145センチ位なので、おはしょり部分を入れてもこの長さなんですね。

 

日本人は縄文弥生時代は狩猟肉食生活で、男性の平均は163cmほど、女性は152cmほどだったそうです。

農耕時代になるとともに身長は低くなり、江戸時代後期は10センチも平均が低くなり最低の身長だったらしいです。

 

装身具の筥迫(ハコセコ、紙入れ)煙草入れや根付け、鏡入れ、ビラビラ簪など、昔の細工職の仕事は世界的に見ても一流で素晴らしいですね!!

 

さて、スカイツリーまで来たので、開業5年にして初めて行ってみました。

ツリーにはもちろん登りません!ソラマチの中をブラブラしてお茶を飲んできただけですが、日曜とあって人が多くて目眩がしそうだし、ソラマチの館内中食べ物屋だらけで異常な感じです。もう二度と行かないと思う・・。

0 コメント

Tさんちの猫・宇都宮美術館・日光江戸村、行ってきました! 2017

4月7〜8日(金〜土)宇都宮のTさんの家に遊びに行ってきました!

彼女の家はお洒落でモダンでしかも猫2匹飼ってる!言うことないです〜。

ほぼ3年半ぶりに訪問、旦那さんのN夫も元気でした。

今回は宇都宮美術館の「「ベルギー奇想の系譜展」が目的、ボス(昔はボッシュと言ってたけど)とブリューゲルが最高でした!!

Tさんからは日光江戸村の提案が!

 

トートバッグ・紙ナフキン購入。

 

宇都宮美術館は小高い山にあり散策路をかなり歩きましたよ。

マムシに注意!の立看が!

 

日光江戸村、宇都宮市内から彼女の運転で約40分位、意外と近い。

これが、とんでもなく楽しかった!

 

日光江戸村は

江戸ワンダーランド

って名前になった?

江戸の町並みも時代考証がしっかりされていて綺麗

 

大牢。牢の隅に雪隠、臭かったろうね。

旅籠の主人とパチリ、そして顔ハメ(恥ずかし〜)

 

ショーが7つ位あってそれぞれ20〜30分位。充分座れます。

「大忍者劇場」「南町奉行所」「水芸」「花魁ショー」効率よく4つ見たけれど、どれも馬鹿にできないくらい楽しくプロに徹していて面白かったですよ。

 

そして留守番の夫へのお土産がこれ。「おぬしも悪よのう」まんじゅう。

まんじゅうの底から最中の小判が出てくる。江戸村のニャンタマバンダナ。

 

忘れちゃいけない、Tさんちのかわいいネコたちです!

白っぽいノルウェージャンが牡のニャッキ9歳、ペットショップの売れ残りで小さなゲージに入れられていたので不憫になって。

ガングロのシャム系が牝のハナちゃん7歳、里子です。

おみやげのチュールもおやつも気に入ってもらえず〜、紙袋と(2匹で取り合い)安物のおもちゃは気に入ってくれましたとさ。

4 コメント

「MJ展 vol.9」 終了しました 2017

2月3日(金)〜2月15日(水)六本木ストライプスペース・ギャラリーで行われていた「MJ展 vol.9」は無事終了しました。

沢山の方にご来場いただき感謝しております。ありがとうございました!

 

今年展示した作品です

 

会場入口、個々の絵です

0 コメント

「MJ展」Vol.9 開催します 2017

「MJイラストレーションズブック2017」が1月に発売されました。

本に掲載されている136名が一同に会した展覧会が「六本木ストライプスペース・ギャラリー」で、3フロアにわたって開催されます。

2週間の期間がありますので、ぜひお越し下さい。

峰岸先生の描き下ろし作品もありますのでご期待下さい!

(クリックで大きく表示されます)

 

0 コメント

安里英晴・城井文平 二人展

昨日、私がイラストレーションを始めた時から、ずっと憧れ尊敬していたイラストレーターの安里英晴さんの展覧会に行ってきました。(19日まで)

安里さんが描く江戸の町・城井さんの描く現在の街、見応えがありました。

安里さんのブログ「わくわく挿絵帖」をいつも拝見していますが、そこで今回の展覧会を知りました。

 

 リンク先はこちらです→「わくわく挿絵帖」

 

出版社でデザイン・装幀の仕事をしている息子さんの城井文平さんとの二人展で、安里さんの作品を装幀した単行本も展示されていました。

平日だったのでどなたもいないかもと思っていましたが、何と安里さんご自身が在廊されていて、たまたま他の入場者の方が途切れていた時だったせいか、

1時間以上もお話ができ本当に嬉しく感激でした!

 

城井文平さんの紙版画で作成された絵も、個性的で色が美しくとてもお洒落で素敵、シンプルな部屋に合いそうです!

感想を述べると、安里さんは親子で共有できる貴重な時間や関係をとても嬉しそうにお話されたことが印象深かったです。

 

2012年に出版されてすぐに購入した「わくわく挿絵帖」にサインと丸眼鏡の絵を描いて頂きましたよ!

安里さんの絵をゆっくり拝見でき、ご本人からイラストレーションへの想いや絵の描き方などお聞きできました。

安里さんにはこちらの問いに丁寧にお応え下さって大変感謝しております。

ありがとうございました。

0 コメント

国芳イズムー歌川国芳とその系脈

10日の最終日、「国芳イズムー歌川国芳とその系脈」を見に練馬区立美術館に夫と行ってきました。

国芳は今、ブームなんでしょうか。最終日は日曜ということもあり結構混んでいました。国芳はいいですね。構図から何から男前でした。

0 コメント

MJ展vol 8、終了しました 2016

2月5日〜17日、六本木ストライプスペース、でのMJ展は無事終了しました。

おいで下さった皆さま、ありがとうございました。

 

ギャラリーの入口、半円の窓から内部が見渡せます。

 

こんな感じです

 

展示した私の絵、4点です

 

葉室麟・著「風かおる」原画です

 

ギャラリーハウスMAYAで入選した絵、サイズはA3です

 

今回、猫と花の組み合わせの絵を描いてみました。サイズはA4です

0 コメント

「MJ展」vol.8  開催します

「MJイラストレーションズブック2016」に掲載されている107名が一同に会した展覧会が開かれます。

もちろん峰岸達先生の描きおろし作品もあります。

見応え充分、2週間の期間がありますのでぜひお越しください。

0 コメント

通し狂言 東海道四谷怪談、2015

赤穂浪士の討入りのあった12月14日、夫と国立劇場に歌舞伎を見に行きました。

『東海道四谷怪談』の物語の背景にある『仮名手本忠臣蔵』、今回の『四谷怪談』の上演では、大詰で雪を沢山降らせた『忠臣蔵』の討入りの場面を描いています。

舞台の仕掛けや早替りなど奇抜な趣向が盛り込まれていて期待以上に楽しめました。

松本幸四郎の伊右衛門、市川染五郎のお岩、親子共演です。

染五郎は五役、演技がこんなに上手だったのかとビックリしました!

 

1週間前から風邪っぽく薬を飲んでいたのですが、次第に酷くなり14日の公演に行けるかどうか焦ったけれど、無理やりの感じで行ってきましたよ。

抗生物質、咳止め、鼻止め、のど飴、マスクの重装備でした・・・。

上演は12時〜4時45分、歌舞伎って長いです。

2階のロビーにあった「鏑木清方」の絵

「伊藤深水」の絵

ゆるキャラは好きではないのですが、「討入りの日」に因み、12月14日(月)に限定仕様のくろごちゃんの登場! で写真とっちゃいました。

松の多い中で紅葉が1本。冬曇りの1日でした

0 コメント

グループ展「やまとごころ」終了しました

6月9日(火)〜14日(日)まで外苑前のギャラリー DAZZLEでのグループ展無事終了しました。

会期中はとても沢山の方にお出でいただきありがとうございました。

ギャラリーには木曜を除く毎日在廊し、多くの方とお話ができて大変勉強になりました。

グループ展に出した7点の作品を載せておきます。

クリックで拡大します。

 

「紫式部」  サイズA4

グリとレオンがモデルです。和のイメージで描きました。


「秋海棠」  サイズA4

モデルはイッチ君です。


「酉の市」  サイズA3


「文を書く」  サイズA3


「絵師」  サイズA3


「風かおる・海」  サイズA5✕1.2倍


「風かおる・松」  サイズA5✕1.2倍

0 コメント

グループ展「やまとごころ」初日、2015

6月9日(火)グループ展初日です。

MJの友人もたくさん来てくださってとっても嬉しかったです!

(外苑前、ギャラリーDAZZLEでの案内は一つ下に入っています)


私の絵の部分、左側7点。追って1枚ずつアップします。


オダさんはCGで制作しているので専門学校の生徒さんたちに説明中。


中央の男性は、クリ8の小山さん。いつもありがとうございます!


ご一緒しているしろたえさん。

判子の作家さんなので依頼実演中。


オープニングパーティの料理。

MJ展でいつも夫が作ってくれるのですが、今回も作ってくれました!

「ほうれん草ときのこのキッシュ」「生ハムとズッキーニのパイロール」

安藤さん、サンドウィッチ美味しかった、ごちそうさまー!

0 コメント

グループ展「やまとごころ 時代物と和」始まります 2015

昨夜、グループ展の搬入に行ってきました。

6月9日(火)〜14日(日)まで外苑前のギャラリーダズルで行います。

9日はオープニングパーティもありますのでお近くにおいでの方はデヒお立ち寄り下さいね!

●MJで描いたもの3点 

●葉室麟著「風かおる」の挿絵2点

●植物と猫、2点         計7点展示します。

0 コメント

「装画と装幀@2015」展に参加します

4月21日(火)〜5月3日(日)まで、外苑前のギャラリーDAZZLEにて開催される「挿画と装幀@2015」展に参加します。

2014年に発売された本の原画と書籍が展示されます。ぜひご覧くださいね。

ちなみに私は志川節子さん著、「結びやおえん 糸を手繰れば」を描いています。

0 コメント

歌舞伎公演、見に行きました。2014

saseさんが友人に貰ったという歌舞伎の券を2枚いただいたので、半蔵門にある国立劇場まで夫と見に行ってきました。

歌舞伎は20代の頃に1度だけ見たけれど、その時はさっぱり理解できませんでした。

あれから40年、いやぁ〜すっごく楽しめました!

時代物の勉強もしていたおかげかなぁ。舞台も衣装もみんな勉強に!


演目は

「梅雨小袖昔八丈ー髪結新三」つゆこそでむかしはちじょうーかみゆいしんざ

              三幕六場

「三人形」みつにんぎょう 常磐津連中


中村橋之助が悪党の主人公なんだけど、貫禄があってよかったですー!

以前テレビでやってた「御宿かわせみ」の東吾もはまり役でしたね。


ユキヤナギが満開!


緞帳がすっごく綺麗でした。クリックで拡大します。


前庭の、乙女桜(富士桜)咲き始めてます。


琉球梅(りゅうきゅうばい)初めて見ましたが綺麗な花でした。


お馴染み、木瓜の花

11時15分開場、12時開演だったので、家で昼食を食べて出かけたけれど、劇場で幕間の休憩時間に食べても良かったよねー。(休憩時間は2回、各30分)

おみやげ物屋さんもあちこちにあり、お上りさん気分で楽しみました。

0 コメント

MJ展vol.7 終わりました

1月5日~17日まで行われていた「MJ展vol.7」無事終了しました。

お出で下さった皆さま、ありがとうございました!

今までは約90~100人を2回に分けて開催していましたが、今回から100人が一度にできる六本木の「ストライプ・スペース」で行う事が出来て見ごたえ十分でした!


年末年始、4日の搬入・設営、5日のオープニングパーティ・二次会と立て続けに忙しかったせいか38.5度の発熱で風邪をひいてしまい、会期中、体調は十分ではなかったのですが、昨日搬出を終えました。


表の歩道から見えるギャラリー内


私が展示した3点の絵です。


「週刊金曜日」に掲載されたアズマカナコさんのエッセイの挿絵です。

3ヶ月計12枚の絵を描きましたが、そのうちの8枚を一つの額にしています。

クリックすると拡大します。

2 コメント

昭和30年代のこけし・MJ展始まります

明日からMJ展始まります。今日は搬入日でした。

約35名ほどの塾生のイラストレーションが並びます。見ごたえ十分!

ぜひお出かけください!

東日本大震災の募金を今年も行います。

去年、私はポストカードを置きましたが、好評ですべてお持ちいただきました。

今年は、「50年以上前のアンティークこけし」

「サラダに最適、ルコラの種」「アクセサリー」「箸置き」を出します。

こけしは、地方のお土産で売っていた4センチ~10センチほどの小さなもので、50年くらい前のアンティークです。

写真をクリックすると拡大します。

高さ・5センチ、小田原の小原庄助さん
高さ・5センチ、小田原の小原庄助さん
高さ・5センチ、青森のリンゴのいずめこ
高さ・5センチ、青森のリンゴのいずめこ
高さ・7センチ、山代温泉、裏に唄が書いてあります
高さ・7センチ、山代温泉、裏に唄が書いてあります
高さ・4センチ、どこの物かは不明です
高さ・4センチ、どこの物かは不明です
高さ・7センチと3センチ、仙台の先代萩
高さ・7センチと3センチ、仙台の先代萩
高さ・7センチ、富山県宇奈月温泉/ 高さ・4センチ、河童です
高さ・7センチ、富山県宇奈月温泉/ 高さ・4センチ、河童です
高さ・10センチ、どこの物かは不明です
高さ・10センチ、どこの物かは不明です
高さ・7センチ、山形のいずめこ人形、かなり古いです
高さ・7センチ、山形のいずめこ人形、かなり古いです
2 コメント

深川東京モダン館、「江東区の古写真展」

深川東京モダン館、外観
深川東京モダン館、外観
昭和7年ごろのタイル
昭和7年ごろのタイル
新大橋、下の写真は現在の物
新大橋、下の写真は現在の物
深川・木場は材木商が軒並みでした
深川・木場は材木商が軒並みでした
旧葛西橋、橋げたは木で出来てます!「ペンキヌルナ」の立看板が昔っぽい。昭和38年
旧葛西橋、橋げたは木で出来てます!「ペンキヌルナ」の立看板が昔っぽい。昭和38年
都電、黄色の車体に赤い線。昭和40年
都電、黄色の車体に赤い線。昭和40年

1月26日に門前仲町にある「深川東京モダン館」で、江東区の古写真展を見るために夫と行って来ました。

白黒写真ばかりなので、お~昔だなぁ、と思ったけど、撮られた年代を見てみると自分が既にしっかり生まれている時代でした!

こんな昔から私ってこの世に生存しているのね・・・

深川に住んで36年、夫と「ここって昔はこうだったのねー」などとたわいのない事を結構テンション高くしゃべりながら見てきました。

 

 

前になりますが24日 はMJの友人、本田晴子さんの個展のオープニングパーティに行って来ました。横浜の街を独特のタッチと質感で描いたもので素晴らしかったです。

 

http://tambourin-gallery.com/tg/exhibition/

 

この日は、ギャラリーダズルの「いろはcarta展」、ランドリーギャラリーの「池波正太郎、食卓のつぶやき展」、ギャラリーefの「灘本唯人個展」の4か所を巡って少々疲れましたが、沢山の絵を見ることが出来て刺激を受けました。

0 コメント

江東区深川江戸資料館

江戸の大店の門松 松の上に長い竹が伸びています 
江戸の大店の門松 松の上に長い竹が伸びています 
長屋の神棚
長屋の神棚
船宿
船宿
つき米屋
つき米屋
長屋、三味線の師匠の部屋
長屋、三味線の師匠の部屋
水茶屋
水茶屋
端切れ売り
端切れ売り

 

昨日2日に家から徒歩20分くらいの「江東区深川江戸資料館」に夫と行って来ました。

ここは江戸時代の深川を再現したもので、部屋に上がったり触ったりできるのでとても楽しめます。

何度も行ったけれど、今回はお正月仕様になっていて、江戸の門松が飾ってあったり獅子舞の実演などありました。

写真がヘタなのでブレたりして見にくいのですが雰囲気は伝わったでしょうか。

入場料は300円、安い! こじんまりとしていて散歩コースにはぴったりでした。

 

http://www.kcf.or.jp/fukagawa/

 

ぜひ行ってみてください。

2 コメント

「和田誠展・書物と映画」

残暑厳しい今日、友人のcaceさんと世田谷文学館でやっている「和田誠・書物と映画」を見てきました。入場券売り場でMJのH尾さんとご家族にばったり!久しぶりなのでしばらく歓談です。

 

和田誠氏、圧倒されました。

現在74歳なのに今もって精力的に仕事をされていて、すごいの一言です。

自分も頑張らなければと大変刺激を受けました。

小作品でも迫力満点で、やっぱり原画は素晴らしいです。

文学館の入り口横に立派な門がありました
文学館の入り口横に立派な門がありました
その隣にまた立派な門があります!
その隣にまた立派な門があります!
堀には大きな錦鯉がたくさんおよいでいます
堀には大きな錦鯉がたくさんおよいでいます
0 コメント