「瀬知エリカ個展」見てきました 2020

「瀬知エリカ個展」:ストライプハウスギャラリー 六本木 9月21日〜30日(水)まで会期中無休

 

MJの友人で、プロとして活躍中の瀬知エリカさんの個展に、saceさんと二人で行ってきました!

ここ何日かはエアコンを入れない涼しい日が続いてこのまま秋になるような感じですが、明後日から週末は台風12号が来るので用心してくださいね。ストライプハウスギャラリーは2月にMJ展を開催したギャラリーです。そのMJ 展の前からきざしのあった新型コロナウィルスの感染が2月下旬から拡大、緊急事態宣言となりほとんどのギャラリーは休廊、ずっと活動ができない状況でしたが、9月に入り少しづつ再開されるようになってきました。

 

瀬知さんオリジナルの絵は、この自粛期間に描いたとのこと。自分はただ連日ダレた日を過ごしていたのにこの違い〜反省です・・。

蓮の花びらの輪郭の中に描かれた絵は、祈りの気持ちが込められているようで心が洗われるようです。最初の2枚はセットになっていて落ち着いた気持ちになります・・。


 

こちらのコーナーは仕事で描いた絵で、ビッシリと壁を埋めています。

瀬知さん、さすがプロですね・・。小さな絵もどんな絵も一枚一枚の完成度がとてつもなく高いです!

ジーッと見ていると、江戸時代に入り込んで暮らしている人達の中に混じったような気になってきます。ドーサびきの和紙に描いているからでしょうか、しっとりした仕上がりになっています。

 

その絵の中によく見ると黒猫が参加している絵が沢山! 小さくて端の方や気づかない場所に描いてあるので、なんだか「ウォーリーをさがせ」のような楽しい気分になりましたよ!こんな小さい絵なのにどの猫にも感情が入っていて生き生きとしていました。

お花を付けた黒猫の名前は小天華(こてんか)ちゃんと言うそうです〜。

 

小ぶりな掛け軸もとっても素敵でした! 

もっともっと沢山の絵があったのですが載せきれずー。瀬知さん、ごめんね―。

 

頑張り屋の瀬知さん、これからも良いお仕事を沢山見せてくださいねー。応援しています!

0 コメント

水沢そら個展「メモラビリア」 2020

水沢そら個展「メモラビリア」:URESICA 西荻窪

 

昨日17日は曇りだったので、MJの友人、水沢そらさんの個展に行ってきました。

そら君がMJに入ってきた時からずっと彼の絵を見てきましたが、もうすっかりプロですね!A4サイズやA5サイズの絵は、凝縮感に満ちていてどの絵もとても素敵でお洒落で、充実の展覧会でした。平日の午後でしたが若い方が何人も楽しそうに見ていて、そら君の人気の高さを感じました。会えなくて残念でしたが気持ちの良い時間を過ごせましたよ。

水沢そらくんツイッター→https://www.google.com/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwixwKX2qPLrAhXFBogKHUbWD5YQFjAAegQIBhAB&url=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2Fsora_rubyred&usg=AOvVaw1dwfbbyIbo88slSmdJOwHR

 

その後、以前から気になっていた和菓子、麻布昇月堂の「一枚流しあんみつ羊羹」を日本橋高島屋で購入してきました。箱を開けたときにワア!と言うくらいビジュアル的に大変美しい一品です。大きさは11cm✕16cm 、厚みは残念ながら予想と違って1〜1.5cmくらい・・。1080円です。

味ですがちょっとガッカリ。羊羹と言いながら水ようかん状であんみつの寒天が入っている分、甘さが薄く美味しさには少し欠けているような〜。見た目がすっごく良いのにホント、残念でした。

0 コメント

プルーンとムクゲとアゲハ蝶 2020 

今年も例年通りプルーンジャムを作りました。同じ写真のような感じですがキチンと毎年撮ってるんですよ。

今の時代はネットで注文できるのでホント便利で助かりますー。ほんの10年前には考えられない事で、その頃のジャム作りはプルーンや杏の季節に今はもう無くなってしまった佐久の実家に行き、JA佐久浅間まで買い出しに行って実家で作っていたんですよ。

さてさてプルーン4キロ箱を購入。箱を開けるとギッシリ入っていて感激です!信州の大森園で購入しました。→https://omorien.com/index.php

種を取って正身3キロをジャムにします。残り1キロ弱は生食、新鮮で美味しいですよ。

砂糖はプルーンの4割、1,2キロ。レモンのスライスを3切れほど入れておきます。砂糖が自然に溶けるまで何時間かおいてから煮始めますが、最初はアクがすごく出るのでこまめに取って行きますが、じーっと立っているので足が痛くなります〜〜。大小合わせて11瓶できました!!

色がルビー色でとっても綺麗、ジャムと言うよりソースと言ったほうが近いゆるさです。生のプルーンを見たら是非作ることをお薦めします〜。

うちのベランダの木槿(ムクゲ)です。木槿は佐久の実家の生け垣として何本も線路際に植えていて、白、ピンク、一重、八重、と色々ありましたが、母が一番好きだったのがこの品種、「底紅」です。「日の丸}とも言いますが、底紅(ソコベニ)という言い方が素敵ですね。バジルもとても大きく育ち、毎年とても使い切れないので冬が近くなったら乾燥させて使います。余談ですがうちの鶏の唐揚げは塩とニンニク味、たっぷりのバジルの葉を細かくしたものを混ぜています。美味しいですので試してみてね。

虫の写真は嫌な人が多いかと思ってほとんど載せていないのですが、実は私はかなりの昆虫、虫好きなんです・・。

今、頼まれてお隣のベランダの水やりをしているのですが、この初夏からずっと最近まで次々とナミアゲハが孵っています。もう何匹になるでしょうか♬ 先日、幼虫が蛹になるためにミカンの木から降りて場所を探してウロウロし始めているところを見ました。そして次の日になんと蛹になり始めたばかりの幼虫を発見!!めったにこのC状の段階は見られないんですよ。(ものすごく興奮しました!)そして次の日にはよく見かける姿になってました。うまく糸で支えてますよね―。何度かうちのベランダに羽化したアゲハが飛んできてすごく嬉しかったなあ。

0 コメント

若林夏個展「SWEET TIME SWEET MOMENT」 寺田克也個展「えんぴつ2」 グループ展「スタンリー・キューブリック映画イラストレーション展」 2020

東京は9月に入ってもまだまだ暑い。今年は気温が例年より3,5度高いそうで、観測史上初めての高温だそうです。

新型コロナ東京での今日の感染者187人、昨日は276人。そんななか東京も10月1日から「GO TOトラベル」を始めるそうですよ。大丈夫か?

ギャラリーも9月に入り、気になるイラストレーターの個展が開催され始めています。巣ごもりで運動不足気味だし体力が落ちていそうで、暑いけれど今日は思い切って出かけました。しかし!暑かった!


若林夏個展「SWEET TIME SWEET MOMENT」:HBギャラリー 表参道

彼女のサイトです。クリック!→https://www.tis-home.com/natsu-wakabayashi/

MJの若い友人で大活躍中の若林夏さんの個展、元気をもらいに行ってきました。小さい絵もあるけれど、大きい絵がほとんどで、しかも色鉛筆でガシガシと描いている! 大きな絵の細部まで描き込んでいるので何が描いてあるのかを見つけるのが超楽しい!!どうしたらこんなにアイデアが出るんだろう?! 毎日ハリのある時間を過ごしているんだろうな。こんな楽しい絵を描いていたら絶対免疫力が上がるよね。

HBに行くと必ず知っている人に会います。今日はMJ のagoera君が来ていたので写真を撮りましたよ。


寺田克也個展「えんぴつ2 モンスターと少年」:ギャラリーハウスMAYA  北青山

現在最強の絵師と言われているイラストレーで漫画家、きわめて細密な造形描写と独創的な世界観を持っている寺田克也の個展。凄いですー!

実は原画を見るのは初めてなんだけど本当に素晴らしかったです。木製パネルにジェッソの白で刷毛目つけて描いた地の上に鉛筆で描いています。

寺田克也ツイッタークリック! → https://twitter.com/terra_da_k?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor


グループ展「スタンリー・キューブリック映画イラストレーション展」:ギャラリーDAZZLE  外苑前

2020年没後21年となった鬼才キューブリック監督作品を特集したイラストレーション展。

11人のイラストレーターによるスタンリー・キューブリック映画を題材にそれぞれイラストレーションを展開しています。

「時計じかけのオレンジ」は封切り時に見ているのでことさら懐かしい。独特な世界観やセンスで不思議な映画だったなあ。「2001年宇宙の旅」「シャイニング」は今でも印象が深い映画です。

0 コメント

京極あや個展「FLY」 2020

6月にはギャラリーに行き始めたものの、中旬からまたギャラリーに行けないという状況になっていました。

東京では新型コロナの新規感染者が増えていって、気持ちも内向きになり完全に巣ごもり状態。とにかく東京の中心部に出にくい状況でした。

親しい友人の個展にも行けなかったのですが、やっと行ってみようかという気持ちになったので出かけてみましたよ。みんなマスクはしているものの電車も表参道も人がいっぱいで、若い人が多くちょっと驚きました。


京極あや「FLY」:HBギャラリー 表参道

独特な個性の女の子が得意で、毎回新しい挑戦をしている京極さんですが、今回の個展の絵は心に残るような色使いと構成でとても新鮮でした。

ストーリーに沿って絵が展開しているのですが、動画もあってとても楽しめました。

ちなみに旦那さんが映像プロデューサーでこの動画を全部作ってくれたとのこと!羨まし――! しかもバイクに乗ってカッコよかったー!

久しぶりに京極さんと会えて、MJの友人2人も交えて話も弾み、楽しいひと時を過ごしました!

 

京極さんは、もともと黒の色使いがとても上手なんですが、色を発展させて黒と白、青と赤、黒と彩度を抑えたスモーク色、と変化させてきて、なんとも言えない雰囲気でとても綺麗でした。ご本人もオシャレさんです〜。

0 コメント