「瀬知エリカ個展」見てきました 2020

「瀬知エリカ個展」:ストライプハウスギャラリー 六本木 9月21日〜30日(水)まで会期中無休

 

MJの友人で、プロとして活躍中の瀬知エリカさんの個展に、saceさんと二人で行ってきました!

ここ何日かはエアコンを入れない涼しい日が続いてこのまま秋になるような感じですが、明後日から週末は台風12号が来るので用心してくださいね。ストライプハウスギャラリーは2月にMJ展を開催したギャラリーです。そのMJ 展の前からきざしのあった新型コロナウィルスの感染が2月下旬から拡大、緊急事態宣言となりほとんどのギャラリーは休廊、ずっと活動ができない状況でしたが、9月に入り少しづつ再開されるようになってきました。

 

瀬知さんオリジナルの絵は、この自粛期間に描いたとのこと。自分はただ連日ダレた日を過ごしていたのにこの違い〜反省です・・。

蓮の花びらの輪郭の中に描かれた絵は、祈りの気持ちが込められているようで心が洗われるようです。最初の2枚はセットになっていて落ち着いた気持ちになります・・。


 

こちらのコーナーは仕事で描いた絵で、ビッシリと壁を埋めています。

瀬知さん、さすがプロですね・・。小さな絵もどんな絵も一枚一枚の完成度がとてつもなく高いです!

ジーッと見ていると、江戸時代に入り込んで暮らしている人達の中に混じったような気になってきます。ドーサびきの和紙に描いているからでしょうか、しっとりした仕上がりになっています。

 

その絵の中によく見ると黒猫が参加している絵が沢山! 小さくて端の方や気づかない場所に描いてあるので、なんだか「ウォーリーをさがせ」のような楽しい気分になりましたよ!こんな小さい絵なのにどの猫にも感情が入っていて生き生きとしていました。

お花を付けた黒猫の名前は小天華(こてんか)ちゃんと言うそうです〜。

 

小ぶりな掛け軸もとっても素敵でした! 

もっともっと沢山の絵があったのですが載せきれずー。瀬知さん、ごめんね―。

 

頑張り屋の瀬知さん、これからも良いお仕事を沢山見せてくださいねー。応援しています!

0 コメント

水沢そら個展「メモラビリア」 2020

水沢そら個展「メモラビリア」:URESICA 西荻窪

 

昨日17日は曇りだったので、MJの友人、水沢そらさんの個展に行ってきました。

そら君がMJに入ってきた時からずっと彼の絵を見てきましたが、もうすっかりプロですね!A4サイズやA5サイズの絵は、凝縮感に満ちていてどの絵もとても素敵でお洒落で、充実の展覧会でした。平日の午後でしたが若い方が何人も楽しそうに見ていて、そら君の人気の高さを感じました。会えなくて残念でしたが気持ちの良い時間を過ごせましたよ。

水沢そらくんツイッター→https://www.google.com/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwixwKX2qPLrAhXFBogKHUbWD5YQFjAAegQIBhAB&url=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2Fsora_rubyred&usg=AOvVaw1dwfbbyIbo88slSmdJOwHR

 

その後、以前から気になっていた和菓子、麻布昇月堂の「一枚流しあんみつ羊羹」を日本橋高島屋で購入してきました。箱を開けたときにワア!と言うくらいビジュアル的に大変美しい一品です。大きさは11cm✕16cm 、厚みは残念ながら予想と違って1〜1.5cmくらい・・。1080円です。

味ですがちょっとガッカリ。羊羹と言いながら水ようかん状であんみつの寒天が入っている分、甘さが薄く美味しさには少し欠けているような〜。見た目がすっごく良いのにホント、残念でした。

0 コメント

若林夏個展「SWEET TIME SWEET MOMENT」 寺田克也個展「えんぴつ2」 グループ展「スタンリー・キューブリック映画イラストレーション展」 2020

東京は9月に入ってもまだまだ暑い。今年は気温が例年より3,5度高いそうで、観測史上初めての高温だそうです。

新型コロナ東京での今日の感染者187人、昨日は276人。そんななか東京も10月1日から「GO TOトラベル」を始めるそうですよ。大丈夫か?

ギャラリーも9月に入り、気になるイラストレーターの個展が開催され始めています。巣ごもりで運動不足気味だし体力が落ちていそうで、暑いけれど今日は思い切って出かけました。しかし!暑かった!


若林夏個展「SWEET TIME SWEET MOMENT」:HBギャラリー 表参道

彼女のサイトです。クリック!→https://www.tis-home.com/natsu-wakabayashi/

MJの若い友人で大活躍中の若林夏さんの個展、元気をもらいに行ってきました。小さい絵もあるけれど、大きい絵がほとんどで、しかも色鉛筆でガシガシと描いている! 大きな絵の細部まで描き込んでいるので何が描いてあるのかを見つけるのが超楽しい!!どうしたらこんなにアイデアが出るんだろう?! 毎日ハリのある時間を過ごしているんだろうな。こんな楽しい絵を描いていたら絶対免疫力が上がるよね。

HBに行くと必ず知っている人に会います。今日はMJ のagoera君が来ていたので写真を撮りましたよ。


寺田克也個展「えんぴつ2 モンスターと少年」:ギャラリーハウスMAYA  北青山

現在最強の絵師と言われているイラストレーで漫画家、きわめて細密な造形描写と独創的な世界観を持っている寺田克也の個展。凄いですー!

実は原画を見るのは初めてなんだけど本当に素晴らしかったです。木製パネルにジェッソの白で刷毛目つけて描いた地の上に鉛筆で描いています。

寺田克也ツイッタークリック! → https://twitter.com/terra_da_k?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor


グループ展「スタンリー・キューブリック映画イラストレーション展」:ギャラリーDAZZLE  外苑前

2020年没後21年となった鬼才キューブリック監督作品を特集したイラストレーション展。

11人のイラストレーターによるスタンリー・キューブリック映画を題材にそれぞれイラストレーションを展開しています。

「時計じかけのオレンジ」は封切り時に見ているのでことさら懐かしい。独特な世界観やセンスで不思議な映画だったなあ。「2001年宇宙の旅」「シャイニング」は今でも印象が深い映画です。

0 コメント

京極あや個展「FLY」 2020

6月にはギャラリーに行き始めたものの、中旬からまたギャラリーに行けないという状況になっていました。

東京では新型コロナの新規感染者が増えていって、気持ちも内向きになり完全に巣ごもり状態。とにかく東京の中心部に出にくい状況でした。

親しい友人の個展にも行けなかったのですが、やっと行ってみようかという気持ちになったので出かけてみましたよ。みんなマスクはしているものの電車も表参道も人がいっぱいで、若い人が多くちょっと驚きました。


京極あや「FLY」:HBギャラリー 表参道

独特な個性の女の子が得意で、毎回新しい挑戦をしている京極さんですが、今回の個展の絵は心に残るような色使いと構成でとても新鮮でした。

ストーリーに沿って絵が展開しているのですが、動画もあってとても楽しめました。

ちなみに旦那さんが映像プロデューサーでこの動画を全部作ってくれたとのこと!羨まし――! しかもバイクに乗ってカッコよかったー!

久しぶりに京極さんと会えて、MJの友人2人も交えて話も弾み、楽しいひと時を過ごしました!

 

京極さんは、もともと黒の色使いがとても上手なんですが、色を発展させて黒と白、青と赤、黒と彩度を抑えたスモーク色、と変化させてきて、なんとも言えない雰囲気でとても綺麗でした。ご本人もオシャレさんです〜。

0 コメント

8月の猫たち 2020

長い梅雨のあと、今年の8月は梅雨明けした途端、尋常でなく暑い夏になりました。

東京は35度以上の猛暑日が12日にもなり、日中はほぼ家から出られないという観測史上類のない、とんでもない日が続きました💦

そんなわけで、近所の買い物も数えるほどしか出かけなかったため(しかも夕方から)ブログの記事がほとんど無いという有様に〜。

さて、そんな8月ですが猫達を見てゆったりした気持ちになりましょう!


K山家の美々ちゃん、レオン君は欠席でーす。

8月は旧盆ですね。小諸は昔からの風習で8月1日がお墓参りの日ということで、K山家歴代の猫さん達やグリのお墓参りに行って下さいました。
長い梅雨で雑草が延び放題、草刈りをしてお線香を。猫達はあちらで皆仲良くやっているようで、グリも「お盆には、帰るよ😃」って言ってるらしいですよ。そして13日はお盆なので、お墓に猫さん達を迎えに行かれたそうです。みんな、お水を貰って美味しかったかな。

K山さんちの猫さん達は元気でお過ごしのようです〜。美々ちゃんは、一番いい場所を占領中のようです。この暑さのなか、ブロッコリー畑は待ってくれないので頑張っていらっしゃいます。熱中症にお気をつけてーー!


sace家のウメちゃん 20歳!

ウメちゃんは10日あたりから体調を崩し、当初は粒の小さいカリカリや猫缶のスープを食べていたけれど自力ではうまく食べられなくなって、今は毎日の補液と強制給餌をやるようになりました。

13歳になったビーたんはもともと慢性腎不全なのだが、昨日30日に食欲が無いようなので病院で検査をしたら、数値が悪化していたため輸液治療を始めたとのこと。これから毎日2匹に輸液(1日4回ネコに針を刺す)って大変、暑いのでsaceさんも体調に気をつけてねーー!
そんななか、タマ子は太めの体重維持しているらしい〜。ある意味タマ子ちゃんが救いだね・・。


T村家のハナちゃん、パイパー君

ハナちゃんはお嬢様らしく下僕にコロコロローラーでリンパマッサージをさせています! けむくじゃらでのタヌー化してるかな?

さて、3枚目の写真はなんと、1987年に撮ったパイパーです。T村さんは独身の頃私の家の近くに住んでいたのですが、当時飼っていた雄猫です。

懐かしいなあ〜。パイパーは一緒に下田にも行ったね。気に入らないことがあると、T村さんの靴の中にオシッコをこぼさずにしたそうです〜。

T村さん結婚後は、春日部の実家でそれはそれは可愛がられていたそうです。


うちの思い出の猫、ケンタ

丁度、21年前の1999年8月14日午前2時、3年に1度の富岡八幡大祭の夜のこと。大雨で、びしょ濡れになって、非常階段で鳴いていた生後2〜3ヶ月位のサバトラの猫を保護しました。当時、近所の空き地で何匹か捨てられたらしい(他の子もみんな保護されました)

可愛くて可愛くて佐久の実家に連れて行ったり、T村さん夫婦にも可愛がってもらったっけ。

6ヶ月間一緒に生活をしたけれど、夫の喘息があまりにも酷くなってきて、飼い続けることができなくなって泣く泣く手放すことになりました。

三宅裕司さん主宰スーパーエキセントリックシアターの劇団員の友人夫婦が、幸い心よく里親になってくれました。寂しかったなぁ。

ケンタ君以降、何匹かを保護してきたけれど、みんな良い人に貰われていきました。その子達のことはまた今度・・。

2 コメント

「小学道徳 生きる力」挿絵の仕事

「小学道徳 生きる力」:文教出版 2020年版

すっかりアップするのを忘れていました・・! 

今年の道徳教科書に、浮世絵はどういう過程で作られるのか、その挿絵を描きました。実際に描いたのは2018年の2月、出版は今年の2月です。

今年は新型コロナウィルスで、学校も1学期がほとんど休校になりました。友達にも会えず授業もなく、小学生はどんなにつらかったことでしょうか。この絵を描いた2年前には想像もできないことでした。浮世絵作成には3人の手を経て作られます。順に、絵師・彫師・摺師を描いています。


2 コメント

7月の猫たち 2020

なかなか梅雨が開けず、雨と曇り空が多かった7月でした。梅雨明けは8月3〜4日ころかな?

今日の新型コロナ感染者は過去最高の367人!感染者が増え続けているにも関わらず東京を除く全国に政府は22日「GO TOトラベル」を始めてしまいました。大阪は昨日始めて3桁の感染者を出し、その他の都市も最多を出しています。

アベの愚策中の愚策「アベノマスク」だったが、昨日8000万枚の追加配布と発表!ところがあまりにも批判殺到となったために今日になって2000万枚を介護施設や障害者施設に配布、6000万枚を備蓄と修正したが、税金の無駄、ありがた迷惑とまたもや批判集中、夕方になって追加配布断念になった。ほとんどバカ?! 国会も延長要望にも関わらずさっさと閉会、その後バッタリ国民の前で会見を行わないという史上最低最愚の首相ですよ。呆れてものも言えぬ・・。

 

さてさて、気分を変えて7月の猫たちです!


Y川家のメルちゃん、2歳半

セイコー時代の後輩、Y川さんと話す機会があって愛猫メルちゃんの写真を送ってと頼んだら、来るわ来るわ、なんと22枚も送ってくれました!

可愛くて選びきれない〜のだそうですよ。このメルちゃん、佐久で生まれたシロボンにそっくりでビックリ!でした。

Y川さんと当ブログでお馴染みT村さんとはセイコー時代にいつも3人でつるんでました。年齢は私よりずっと若いです〜。


佐久の猫、シロボン改め小太郎君とチャル君

ということで、Y川さんちのメルちゃんによく似た2003年4月生まれのシロボン。

佐久の母猫ミーちゃんから生まれた娘猫のチャロが生んだシロと茶トラの2匹は、東京で里親さんがみつかり迎えてもらいました。

シロボンは板橋赤塚のKさんの家の子になり、小太郎と名付けられとても可愛がられましたが2017年14歳で、茶トラのチャルは同じマンションのK平さんちの子になり、2018年15歳で虹の橋に旅立っていきました・・。忘れられない猫たちです。


K山家のレオン君と美々ちゃん

7月17日にメールと写真を頂きました!小諸は雨雨雨の毎日だったようです。

東京と同様に連日天気が悪くて晴れ間がないため、ブロッコリーが腐ったり農作業が遅れたりと踏んだり蹴ったり、とメールにありました。畑仕事は自然が相手なだけに大変ですよね・・。
猫達は、コロナも雨も関係なく毎日のルーティーンを確実にこなしているそうで、レオン君は腕枕で昼寝をし、朝2時頃は肌寒くまだファンヒーターをつけてレオン君はストーブ当番、美々はお転婆全開ですって。では、ビビちゃんの顔のドアップからいってみようー!

 


T村家のハナちゃん

今月はこの写真1枚のハナちゃん。やまゆりの季節、郊外の山の斜面で群生していましたとの事。

えっ?!この百合は山から採って来ちゃったんですか〜?大丈夫〜?百合って猫には毒なんだそうですよ。お気をつけて。


sace家の三毛ウメちゃん、優しい顔立ちのキジトラタマ子、凛々しいキジトラビーたん

今日の東京は朝9時半頃、緊急地震速報が鳴ったにも関わらず全く揺れないという誤報。実際は鳥島近海M5,8 深さ60キロと遠かったためでした。

saceさんと地震についてのラインのやり取り、午後にsace 家に行って写真撮影、帰宅後この地区でいきなり停電、というアクシデントが続いて階段の往復もあり今日は疲れました〜。

20歳のウメちゃんはsaceさんにお知りパンパンされて気持ちよさそうです。沢山育てている多肉植物の月兎耳と一緒にタマ子ちゃん。saceさん愛用のピアノとビーたん、キリッとして男前だねって言うと、どこをとっても美しいですから〜と言われましたーー。


佐久の思い出の猫、グリ

2012年頃のグリ、9歳くらいかな。佐久の実家の玄関は、裏から表と風が通るので暑い夏にはこの廊下で、よく二人で昼寝をしていました。

寝っ転がりながらひんやりした廊下で私は本を読みながら、グリはゴロゴロして、ホントに気持ちよかったねえ。懐かしい思い出です。

2 コメント