2月の猫たち 2021

今年もコロナで始まり2ヶ月が経った。

愛知・岐阜・大阪・京都・兵庫・福岡の6府県が明日から緊急事態宣言解除になるという。東京は、3月7日には解除したいと政府は言っているが、医療関係者筋は疑問を呈している。東京は下げ止まり状態で解除したらすぐに第4波が来るのではないだろうか。今年のオリンピック・パラリンピックは中止にするべきと思うが、何があってもやると言ってるし、アメリカの意向には逆らえないのが実情であると思う。情けない・・。

 

さて、2月の猫たちです。今月はMJの古くからの友人、古夜さんちの猫たちが初めて登場しますー!


saceさんちのミケーネちゃん、タマコちゃん、ビーたん

ミケーネちゃんが生後3ヶ月でsaceさんちに来たのは昨年の10月、生後7ヶ月になったので今月中旬に避妊手術をしました!

1週間でカラーは取れたので、今は元気いっぱい遊んでいますが、すでに3キロ越えの体重で飛ばなくなったそうだ・・・。

グリーンアイが綺麗なタマコちゃん、ミケーネが来てからsaseさんにも急に馴れてきて良かったけど何故かな?以前はコロコロだったけど、食事管理のダイエットで少し痩せて背骨に触れるようになってきました。

ビーたんはミケーネには当たらずさわらずで、椅子の下からちょっかいしてもガン無視!ですよ。

ミケーネちゃん、カラーをしていたせいか今回saceさんちに行っても逃げずに撫でさせてくれました。チョー嬉しい!!


T村家のハナちゃん

2月の豆まきの日に鬼と一緒に。よく見ると鬼の頭に豆が乗ってるね。2月は寒いけれど、暖かい日もあって春の息吹が感じられます。

宇都宮にもう何年も行っていないなぁ。ハナちゃん、暖かくなって行き来が出来るようになったら会いに行くね。


古夜冬孝さんちの七福ちゃん

 MJイラストレーションズの古くからの友人、古夜冬孝さんはイラストレーターとして、また絵本も手がけていて活躍中です。

そんな古夜さんちの七々ちゃんと福ちゃん、合わせて七福ちゃんです。縁起の良いお名前ですね!

私は「MJイラストレーションズブック」に参加している184人への連絡を担当していますが、その返信に猫の写真を付けてくる人が何人かいて彼もその一人でした。私のブログに載せてもいい?って聞いたら、良い写真を送りたいので待っててと言われ、後日、厳選に厳選した写真が9枚も送られてきましたー!

犬派だったと思っていたのに、10年前の7月に1匹目を拾った時から猫派に転向。

自分は猫グッズを買うような人ではないと思っていたそうです…が! 今は、お皿や、てぬぐい、カレンダー、Tシャツ、写真集…を買うほどに。

なんて可愛い七幅ちゃん!親バカになるのは致し方ないようです〜。

 

彼のホームページ(イラストレーション)とインスタグラム(絵と猫写真がいっぱい)です。ぜひ見てくださいね!

古夜冬孝 HP→https://modernttf.wixsite.com/toshitaka-furuya

古夜冬孝 instagram→ https://www.instagram.com/7.lucky_cats/

七々ちゃん、小さなキジトラの女の子。可愛い〜!

福ちゃん、頼りがいのあるお姉ちゃんです。

2匹はとっても仲良しさんで、いつも一緒の写真が多いです〜。


K山家のレオン君、美々ちゃん

レオン君、外に散歩に行くようになってから少し体調が良くなって元気になってきたようです!キリッとしたレオン君、もう15〜16歳なのに綺麗な歯をしているね。

ブロッコリー農家のK山さんですが、25日が仕事始めだったそうです。畑の端にあるK山家歴代の猫達のお墓、グリちゃんもそこで眠っています。グリが旅立ってから2年3ヶ月、その時に描いた墓標がほとんど剥げてしまってますね・・。畑にはウサギの足跡が、レオン君は日課の散歩、ご満悦ですね。

2月22日、猫の日に撮った「ダイアモンド・レオン」君です。

相変わらずお転婆で美猫の美々ちゃんです。Yさんに抱かれて嬉しそう。K山さん美々ちゃんの顔をモルモットみたいって言うんですけど〜?!

レオン君と美々ちゃんはとても仲良し、じゃれあったり舐め合ったり。


佐久の思い出の猫、グリ

グリは母が生前使っていた座椅子によく座っていました。結び紐にじゃれて遊んでいたりしてたね。実家でのひとこま、懐かしい。

0 コメント

日々の暮らしあれこれ 2021

2021年2月も下旬になった。

寒い日もあったが日差しも真冬から比べ随分と柔らかくなり、今日は北陸で春一番が吹いた。

昨年4月7日、1回目の非常事態宣言の新型コロナウィルス感染者は87人だった。

今年1月7日、2回目の非常事態宣言の感染者は2447人だった。2月7日までだったが延長されていて、3月まで伸びるのではないかと思う。相変わらずの自粛生活だ。

2月中旬に微熱が出てコロナの症状は無かったが、葛根湯内服薬を3日ほど飲んで回復した。普段はこの程度では気にしないのに焦ったー。

公園の梅も咲いたし、なんとベランダにメジロが来たよー!!

毎年冬にヒヨドリに蜜柑をやっているが、メジロも来てびっくり! 嬉しい出来事だった。

今年は東日本大震災から10年経つが、この大事故を風化させないよう東京新聞ではこの10年ずっと週1で記事を載せている。

福島第一の1週間の記事も毎回見ているが、収束にこの先何十年かかるのか・・100年単位〜ではないか。

そんななか、1週間前の2月13日の23時08分に福島県沖でM7,1震度6強が起きた。深さが50キロだったので、被害は怪我人と家屋・道路・山腹の被害があっただけでホッとしたけれど、東京でも震度4、結構長い間揺れて、来たかーー!と身構えてしまった。

東日本大震災に関する本と俳句集を読んだ。

照井翠の「龍宮」。東日本大震災を詠んだ胸に突きささる俳句集。最後の1句だけ・・(すみません・・)日本人全員に読んでもらいたい。

柳美里の「JR上野駅公園口」。2020年の全米図書賞を受賞した重く哀しい小説だ。東北出身で出稼ぎのため来た男性の、上野駅から始まる壮絶な生涯が書かれている。

この国を主導する与党、政治家、官僚はどうしてこうなの〜?!日本人として恥ずかしい〜。

スガって一体〜?! 品格も無く人格的に問題あるよね。基本冷たい人間なんだと思う。沖縄問題でもこんなに冷たい対応はもはや人間ではないのかも? 

あれこれ言うのも面倒な感じだ。今はスガの長男の官僚接待事件中〜。アベと同じー!

2 コメント

1月の猫たち 2021

2021年が始まり、ジッとしている間に1ヶ月が過ぎました。

東京は緊急事態宣言の真っ最中で2月7日までと言っているが第3ステージには下がらないだろう。解除出来ずに延長するのではないかと思うし、新規感染者はやっと1000人台を下回り始めて4日経ったが、高止まり状態もまだ続くのではとも思う。

今年はどうなっていくのか予想もつきにくく、どのような社会形態になっていくのだろうか。

少しでも気持ちにゆとりがもてるよう、今年もまた柔らかで愛らしい猫たちのシリーズをその月の終わりに掲載していく予定です。


T村家のハナちゃん

お正月らしい古い縁起物の垂れ飾りにじゃれているハナちゃん。お正月感100%!ですねー!

T村さんは今月中旬がお誕生日だったので、MJの友人のイラストレーションが靴下になって販売されているので、それとネコクリップをプレゼントしました。ハナちゃんも狛犬みたいにも見えるし、寝っ転がっているところはタヌ〜(狸)だね。


 K山家のレオン君、美々ちゃん

近くの保育園児が散歩に来ると「ネコちゃーん」とか「レオン〜、ビービー」と呼ばれているそうです。近所の人気者ですね!

そしてすぐ美々ちゃんもお立ち台に登って来るんだそうです。可愛いなー。

写真を頂いた20日頃は、レオン君の体調が良くなくて、半強制的にゴハンを口に入れたり毎日半分補水をしていると連絡がありました。

透析か移植レベルに腎臓の数値が悪くなっているらしい・・気分転換に外に出したらしっかり歩いて機嫌良い日もあるらしいので、のんびり過ごせる日が続くといいね。レオン君が乗ってる水槽にいる亀は「浅間ちゃん」。15年くらい前の浅間山が噴火している時に、田んぼで拾った銭亀のメスで毎年、卵を産むそうです、ビックリ!

相変わらず美猫、青い目の美々ちゃん。T村さんちのハナちゃんとよく似ているけど、ブルーの瞳の色が美々ちゃんは空色に近いね。

小諸ではこんな新聞記事が昨年暮れに出たそうで、K山さんちの2人の娘さんは帰省予定を取りやめざるを得ず、K山さん一人が車で急遽上京し、3人でステイホームで過ごしたそうです。お子さん達とシェイクとフルーツサンドを作ったって、甘そーー!奥様のYさんはお留守番、大変でしたね・・。レオン君と美々ちゃんもお姉ちゃん達をずっと待ってたのにね。


saceさんちのビーたん、タマコちゃん、ミケーネちゃん

シニア猫のビーたんとタマコは寝ていることが多い。タマコちゃんダイエットの甲斐あってか少し痩せて良かったね。

1歳前のミケーネは元気一杯、相変わらずsaceさんとよく遊びます。早く私にもじゃれてほしいにゃ〜。


★ 近所の猫キジトラ君、M子さんちの近所のキジシロさん

近所にはシロクロ猫をよく見るが、このキジトラ君は初めて見ました!右耳カットが入っているのでオスですね。

2・3枚目はセイコー時代の友人M子さんが、元旦に日向ぼっこ中の近所の猫さんに挨拶されたそうですよ。


★ 佐久の思い出の猫、グリ

 もう無くなってしまった実家。冬は0度以下になる佐久だけど、空気が凛として気持ちがよく昼間の日差しは暑いくらいでした。グリは母の机でよく寝てたっけな。キリッとした顔もいいね。出窓の下、押し入れの襖に母が書いた仮名を貼っていました。

6 コメント

コロナな毎日 2021

2021年になって以来、ずっとコロナの話題ばかりである。

8日には2回めの緊急事態宣言が1都3県の知事に押された格好で発令された。スガはその記者会見でも、相変わらず下を向いて抑揚のない言葉で書類を読み上げ、まだ質問があるにも関わらずわずか52分で切り上げた。13日には7府県を追加、コロナは政府による人災の体になってきた。

東京新聞1月15日の記事。

しんぶん赤旗日曜版 1月17日版の記事。もうほとほとウンザリしているので、スガ風に「感想を控える」。赤旗の取材力は凄い!

1月も半分過ぎた。長井市の中学からの親友マッチから山形の美味しい漬物が届いた、おみ漬けは特に美味しい。12月にも自分で作った大根で漬物を送ってくれて毎日美味しく頂いた。いつも毎年ありがとう!

寒い日が続くので、またヒヨドリにミカンをやり始めた。餌も少ないのか、何度もやってきてミカンの中袋まで完食している。

0 コメント

新しい年に 2021

2021年、あけましておめでとうございます。

昨年は世界中で新型コロナ感染が蔓延した年でした。昨日の2020年12月31日の東京の感染者は過去最多の1337人、1000人の大台に乗ってしまいました〜。今年も全く油断できずどうなるのか?って年の始まりになってしまいましたよ。良い年になるよう元気に過ごして行きたいですね!!

2021年1月1日(金)朝9時半の日の出だ―!昨夜は近所のsaceさんと3人で7時間も盛り上がりましたー。

大晦日から日をまたぐ30分番組、Eテレの「2355−0655」で恒例の「2021たなくじ」を写メ。音楽とともに次々変わるクジを目をつぶってエイヤッとシャッターを切ると、ヤッター―!「自己ベスト大吉!」でしたー!saceさんは連写して良いのを選ぶという〜。元旦のおせちです。この後、お雑煮を食べました。

午後から近所を散歩。富岡八幡宮は永代通りまで参拝客が並んでいてました。結構、蜜でした。

永代通りは屋台が並んでいて人が沢山出ていて、成田山深川不動堂の参道はもう蜜状態。小池都知事が年末言っていた静かな年末年始をって無理みたいです〜。最後尾の看板を持った警備の人や、深川警察からの車両など、ソーシャルディスタンスなんて保ってませんでした。GoToトラベルも停止になったけど、みんなもうコロナ慣れ、コロナ疲れしているんだなぁ。近所だけでもちょっと出かけたいですよねぇ・・。

5 コメント

12月の猫たち 2020

今年は新型コロナウイルスで始まってそのまま年末、しかも来年もどうなるのか全く予測が付きませんね。

東京都の感染者が800人を超えた!って驚いたのはつい先日。今日はなんと949人になってしまいました。これは・・1日で1000人もすぐだろうなあ。

12月の猫たち、今月は月末じゃないけれど、早めに載せることにします。今年はまだ12月なのに、日本のあちこちで雪が降り、みなかみ市や新潟では積雪2メートルだそうだ!大変な年末です。


K山さんちのレオン君、美々ちゃん

K山さんの住む小諸も、雪はまだそんなに積もるほどではないけれど、朝晩はマイナス10度近くまで気温が下がってとーっても寒いんだそうです。でもレオン君と美々ちゃんは猫団子で暖かにしてますね。レオン君、少し体調が戻って、診察に行ったら体重も500g増えていたそうで良かったーー!飼っている亀にちょっかいをだす美々ちゃん、亀も遊び相手になっているようです。

以前にT村さんと泊まった中棚荘。景色の良いところにワイナリーがあるそうで、中棚荘の食事も美味しいしまた行きたいです!

中棚荘のHPです→https://nakadanasou.com/

美味しいリンゴをありがとうございました!蜜が入ってとっても美味しかったです!


saceさんちのミケーネちゃん、ビーたん、タマコちゃん

ミケーネちゃん、saceさんの家にもすっかり慣れて飛び跳ねています。子猫から中猫くらいの大きさになって、先日は初チュールで大興奮!私の手からもチュールを食べて袋をガシガシに齧ってすごく気に入ったようです〜。ミケーネは元気一杯で、シニアズのビーたんやタマコちゃんに、かまって攻撃してウザがられていますよ。笑



T村さんちのハナちゃん

京都に染・織・ノッティングの講習に行っていたT村さんから、遅くなったけど―と誕生日祝のユリの花束が届きました。栃木の栽培農家から直送なのでとっても立派でイキイキしていました!花の大きさが24センチもある!蕾の時は大きな花瓶に入ったのに、花が咲き出すとギュウギュウになってきて2本を別の花瓶に分けるほどでした。

優しかったニャッキの写真を見ているハナちゃん。オレンジの縁取りの道具入れ、ハナちゃんが気に入って入ってしまうのでは?



佐久の思い出の猫、グリ

寒い12月の夜は、いつも炬燵と私の足の間に潜り込んで寝ていたグリちゃん。佐久に行ったときは、こうしてグリと一緒に炬燵に入り、本を読みながら静かな夜を過ごしたのが、忘れられない思い出深い貴重な時間でした。

11月から12月に佐久へ行った時は、夏から育てていた下仁田ネギの収穫の季節です。例年120本くらい採れるネギを、義姉と姪とうちに送る作業もすごく大変だったけど今はとても懐かしい。グリはネギの検品中かな?

2 コメント

クリスマスのちょっとアンティークな物たち 2020

今日の東京の新型コロナ感染者は888人、過去最多です。日本の感染者数も最多の3258人です。まだまだ更新中・・・。

 

今日はクリスマスイブですね!

セイコーに勤めていた時に海外のデザイン担当だったことがあり海外出張が何度かありました。仲の良かった後輩T村さんに買ってきていたお土産、その写真を送ってくれました。12月にニューヨークへ出張した時はちょうどクリスマスシーズンでした。最初の4枚は泊まっていたホテルの側の教会で購入。1988年って人形の裏に書いてある!32年も前のものだ!


サンタが印刷してある布をぬいぐるみにしたもの。これも教会で買いました。

テディベアはその前年にヨーロッパ出張の帰りの飛行機の中で購入、ドイツブランドだったような・・?


というわけで、T村さんはテディベアのアンティークを何体も持っています。すご〜い!T村さんの愛猫だったニャッキ君とヒゲのサンタ。足毛がもふもふなのはハナちゃんです。

サンタの小さな人形とミニツリーはT村さんからの頂きものです。これも昔のものだね。

「Santa Claus and works」の絵本はニューヨーク出張のときに教会で買いました。5ページ足らずの絵本で、3ドル50セントでした。

結構、サンタがリアルで色も暗く、ちょっと怖いかな?最後のページのサンタは下着姿みたいに見えますね。

クリスマスとは関係ないけれど、このアレンジメントのお花と胡蝶蘭は、お隣に住んでいて長く親しくお付き合いしていたKさんご夫妻のお子さんの姉妹からの頂き物。クリスマスに合わせたかのような感じになりました。

0 コメント