「心のはなし 森英二郎+金森幸介」展 2019

MJの友人なっちゃんに誘われて、人形町Vision’sへ森英二郎さんの版画を見に行ってきました!詩と版画のコラボです。

心を打つ金森幸介さんの詩と、素朴でシンプルで胸にそっと訴える森英二郎さんの版画が、ギャラリーに静寂の時を与えているようでした。

佇むなっちゃん。詩と版画のコラボはこんなふうに展示されています。

ギャラリーで鑑賞した後は、清寿軒でどら焼きを買い、十割蕎麦の天ざるを食べて、台湾茶と仙草ゼリーを食べながらずー―っと喋りっぱなしで夕方になってしまいました! 更に人形町の駅に行く途中で、今半のメンチカツとエビカツを買って夕飯の一品に〜。

見たり、食べたり、買ったり、喋ったり、なっちゃんからは便利なiphoneの使い方を教わったり、すっごく充実の半日でした!

なっちゃん、楽しかったよ―、また誘ってね!

0 コメント

玄光社「 illustration FILE 2019」に掲載されました 2019

今年も玄光社より発売された「illustration FILE 2019」の上巻に掲載されました。3月より全国の書店で発売中です。


0 コメント

「émotion」展 2019

清澄白河のondo STAY&EXHIBITIONにて開催しているグループ展、「émotion」展を見に行ってきました。

合田里美・田中海帆・西村オコ・原倫子さんたちの 4人展です。

このondoというギャラリーは家から徒歩25分位なので、昨日天気もいいので散歩がてらでかけました。原さんと合田さんはMJでの友人です。

4人の方の女性目線の表現がとっても新鮮でした。

原さんと合田さんの絵は、奥にゆるぎのない個性と自信も垣間見えてみる側が心地よかったです。

 

原 倫子さん

 

合田里美さん

 

田中海帆さん、西村オコさん、感性がみずみずしい!

0 コメント

春の花 2019

今日は春らしい暖かでのんびりした一日でした。

ベランダで次々と花が咲いてきています。どうということもないけれど、花の写真を載せてみました。

順に紫色の釣鐘水仙とムスカリ、梅桃の花が終わって青い実がついてきた!、白紫陽花、ここまで佐久の実家から持ってきたもの。

デモルフォセカはもう3年目、蔦葉雲蘭と。白紫陽花は大株になってきました。近所の木香薔薇が咲き出してとっても綺麗です!

2 コメント

「装画の仕事@2019」展、終了しました 2019

ギャラリーダズルでの「装画の仕事@2019」展は無事終了しました。お出で下さった皆さま、ありがとうございました。

オープニングパーティでは参加のイラストレータの方たちとお話ができ参考になることが多く楽しい時間でした。この企画では3回目の参加です。

0 コメント

大沢かずみ個展「Low fantasy」 2019

MJの友人の個展に行ってきました!成城学園前のギャラリークオバディスです。

以前の吉祥寺での個展では、シンプルで色も2色位で描いた女性達だったけれど、今回は落ち着いた綺麗な色を使ったストーリーのある絵でした。自分で考えた物語を18枚位で表現しています。沢山のアイデアをポストカードほどに描いたものも自由な感じでよかったなぁ。

峰岸先生は毎回初日に来られます。その後、いつものように二次会へ〜。

0 コメント

母の十三回忌墓参 2019

2007年(平成19年)4月7日は母の命日です。今年で12年、その間色々なことがあったのに、何だかあっという間に過ぎてしまった感じがします。

今年は母の十三回忌ですが、特に法事はしなかったため、今日、両親と兄が眠っている八王子の萩霊園にお参りしてきました。

20度を超えて天気が良く桜も満開でお墓参りには気持ちの良い日。白のトルコキキョウ、薄紫のスイトピー、黄色のガーベラを供えました。

お墓は山を少し登ったところにあるので広々として空が高く、春霞で遠くの山並みが綺麗です。


 

4月に入って外も気持ちよくなってきました。ベランダからと窓辺の写真、近所の桜です。

3 コメント

「装画の仕事@2019」展に参加しています 2019

去年も参加しましたが、今年もまたギャラリーダズルの企画展「装画の仕事@2019」展に参加しています。

紙の本の現在と未来にイラストレーターがどう向かいあっているか、2018年度の、仕事の装画と書籍の展覧会です。

 

装画の原画を見たいという要望をイラストレーターのみならず、装幀家や編集者からもいただき、過去に開催した「装画と装幀展」と同様、原画と出版された書籍の展示です。
会期:4月2日(火)〜4月12日(金)12:00〜19:00 月曜休 最終日17:00まで

 


0 コメント

「令和」決まる 2019

天皇陛下は4月30日に退位され5月1日に皇太子殿下が天皇に即位されますが、それに先立って今日の11時40分に新しい元号の発表がありました。

今年5月1日からは「平成31年」から「令和元年」になるってことですね。

T村さんからこんな写真が送られてきたのを見たら、あまりにも可愛いので載せたくなりましたー! ハナちゃん、分かっているみたいだ!

2 コメント

お江戸深川桜まつり 2019

昨日、今日と家の近所の横十間川で「お江戸深川桜まつり」をやってました。満開にはもうちょっと、7分咲というところでしょうか。

毎年、黒船橋の乗り場から観光客を乗せた和船が出ます。新内流しを載せた猪牙舟もこの時期の風物です。

0 コメント

近所散策 2019

3月も終わりに近づきもうすぐ4月。4月1日には次の元号の発表です。

花も咲き始めました。今日は寒くてしまおうと思っていたダウンを着るほど寒かった。近所散歩です。

 

ベランダの花。

佐久の実家から持ってきた土から実生した「梅桃(ゆすらうめ)」去年から花が咲き始め丈も40センチを超えてきました。

「蔦葉海蘭(つたばうんらん)」匍匐性なので下草としてとても綺麗で丈夫です。

 

仙台堀川の桜、まだ5分咲き? 仙台堀川は時代小説によく出てくるお馴染みの地名ですね。

八重椿、可愛いです。

 

家の東側は平久川で遊歩道があります。対岸からです。

 

対岸のこの一角で、地域猫の三毛の世話を頼まれて、ミーちゃんに週1回水曜日に朝晩ご飯をやりに来ていました。そのミーちゃんももう亡くなって何年になるかな。膝に乗るのとブラシングが大好きな子でした・・懐かしいなぁ。ミーちゃんの写真どうしても見つからず残念。

赤みがかったピンクが綺麗な「満作(まんさく)」プールに行く途中の生け垣になってます。

0 コメント

ギャラリー巡り、外苑前〜青山〜表参道 2019

昨日、1ヶ月かかりきりだった仕事のイラストレーションを渡した後、ギャラリーを巡ってきました。

 

グループ展「映画「パターソン」と詩の世界」 gallery DAZZLE

2017年公開した映画「パターソン」(ジム・ジャームッシュ監督)と、詠まれた詩(ロン・パシェット作)からインスピレーションを受けて描いた6名の作品展覧会です。6名のうち4人がMJの友人、写真順にえいいちさん、鹿毛英子さん、石橋澄さん、tuinさん、です。

ぎゃらりーのオーナーの村松さんが映画の解説をして下さったので作品がより鮮明に解釈できました。

 

遠藤拓人個展「毎日はすこしだけかなしい」ギャラリーハウスMAYA

色々なジャンルの絵を描かれますが、今回は色も2色でシンプル・スタイリッシュ、そしてお洒落なイメージでした。

 

東久世個展「世界動物紀行」HBギャラリー

動物が得意で、仕事も動物を描いているものが多く、とにかく元気になる展示会でした!アタリだけでいきなり描き始めてとにかく描いているのが楽しくて楽しくて、と言っていたMJ元気印の東さんです。最終日だったのでMJ生が何人も来ていました。

0 コメント

アニメ「百日紅」見てきました  2019

江東区深川江戸資料館で、上映されたアニメ「「百日紅」(さるすべり)を夫と見てきました。

北斎の娘、お栄を描いたアニメです。自分としてはキャラクターや着物の描き方などがちょっと不満でしたが、江戸の町並みは素晴らしかった。

6時半開演なので、資料館側の鰻屋「あやめ」で、鰻重を食べてから行きました!

江戸資料館ではこの原作漫画を描いた杉浦日向子の展示も合わせてしています。

「杉浦日向子の視点」〜江戸へようこそ〜:2019年11月10日まで:江東区深川江戸資料館

0 コメント

3月の猫たち 2019

3月8日に届いたK山さんちのレオン君と美々ちゃんです。
「レオンと美々も凸凹コンビで頑張ってます。ジャレたり一緒に日向ぼっこしたり・・」とのこと。可愛いですね、元気出ます。

信州の春は遅いですが、グリのお墓の周りにも春の知らせが届き始めたようです。K山さんちの花壇にも佐久から付いてきた花が咲いているって。

 

田村さんちのハナちゃんです。去年ニャッキが永眠して1匹生活中。ノッティングの講義を受けに京都まで3回も通って、製作中!

 

しんぶん赤旗日曜版の連載小説「大江戸ウーマンドクター」の挿絵を昨年まで描いていたのですが、担当のFさんから紙面に私の考えを載せたいとのことで連絡がありました。
彼女は今、赤旗の日刊紙社会部で選挙企画【変える 選ぶ】というコーナーを担当しているそうです。
4月に統一地方選、7月に参院選が行われますが、無党派だけどいまの政治はいかがなものか?と思われる方、最近共産党のサポーターや読者になっていただいた方-など、さまざまな地域、立場の方の率直な思いを紹介するコーナーなんですって。

彼女も猫を2匹飼っているとのことで写真を送ってくださいましたよ。1枚め、ハナちゃん。2枚め、クーちゃんです。

 

MJの友人でごく近所のsaceさんちの4匹の猫たちです。叔父さんが亡くなり四十九日のため、昨日から1泊で出かけています。その間のキャットシッターしています。まず最初は、草いのちの俺様ビーたん!です。

最長老三毛の、うめちゃん。

いつもジャラシの前で待っている可愛い声の、タマオ君

ブラッシング大好き、綺麗な瞳のタマコちゃん。ブラシで取っても取っても際限無いほどです。

4 コメント

新作家展、斉藤知子個展 2019

昨日、仕事の打ち合わせで銀座に行った際に、展覧会に行ってきました。

高校時代の美術部の友人2人が属している新作家展、銀座メルサ8F東京銀座画廊へ。1人は武蔵野美術大学の油絵、1人は東京芸術大学の油絵に進学、卒業後もずっと油絵を制作しています。今回はすべての絵がほぼ50号に統一しているとのことで、ものすごく見やすかった。このサイズなら家にも飾れるしね。

2・3枚めが友人の絵、4枚目は色が綺麗で好きだった絵です。

 

仕事で使う水彩紙とパネルを見に伊東屋へ行ったら、MJの友人の個展をやっていました!

MJサイトに出ていなかったので知らなかったけどラッキーでした。斉藤知子個展「Traumerei」伊東屋はアップの写真NG で素晴らしい絵の写真が取れなくて残念!DM の写真です。

0 コメント

丹下京子&MJルーキーズ展 2019

イラストレーターとして一線で活躍している丹下京子さんの展覧会を見に行きました!

成城学園前のカフェギャラリー「クオバディス」にて。

 

昭和から平成へ、平凡だけどフツーじゃないヤヨイとその幼馴染4人のそれぞれの人生模様を軽やかに描いた群ようこさんの新聞連載小説「また明日」全260話のための挿絵全点を展示しています。

 

丹下さんは2Fクオバディスで、

地下のセラールームでは「MJイラストレーションズブック」にまだ掲載されていないフレッシュな現役生の皆さんの展示を空いています。

丹下さんの展示、半端なかったです! 昨日が初日だったのですが、夕方来てからも貼り足してましたー。

B5のスケッチブックに手描きしたものをスキャンして、バックの部分とかボカシなどフォトショで色付け、オリジナルのペンツール作ってムラを出したりテクスチャー出したりしてました。原画も持ってきていて、テーブルにどっさり重ねてあって、手にとって1枚1枚見られたし話もできて堪能しました。丹下さん、ありがとー!

3枚め、丹下京子さん(右)とイラストレーターの霜田あゆ美さん。

峰岸達先生ご夫妻に挟まれたカノポン。

0 コメント