「桜」 2022

時代物シリーズ「桜」です。

もう秋なのに桜って遅い・・。時代物の絵は桜が似合うので描いてみました。

9月になって朝晩は涼しくなってきたが日中は暑く、動くと湿気がすごくてまだクーラーをつけている。お彼岸の時期にならないと秋のイメージが湧かない。

新型コロナは7波が収束気味になってきた。日本の感染者は世界トップ、3回目4回目のワクチンを打たせている限りウィルスは変化していくのでワクチン接種はいい加減やめるべきだと思う。接種者の方が感染率が高いのは世界中で実証済みだしね。調べればわかること。日本の病院でも危険だからワクチン接種はやりませんというところも増えてきている。

0 コメント

8月の猫たち 2022

今年の8月は7月から引き続き猛暑日が多かった。しかも絵も描いていたため、いつもより忙しくあっという間に過ぎたような気がする。

もう10年以上も前から読書記録をつけていて毎月平均8〜9冊は読んでいるのに今月はたった2冊だ。今月のsace家はお休み。ビーたんとミケーネにも会いに行けなかった・・。


★ K山家の美々ちゃん

小諸も今年はかなり暑いようで、7月31日は38度もあったそうですよ!その頃はもの凄い夕立があって畑も水没状態だったとか。年々気候がおかしくなってきているのが気になります。美々ちゃんは涼しいところを見つけて寝てばかり・・誰だってこの季節はそうなるよね。標高の高い所ではトンボが群れていてもうすぐ里に降りてくるって書いてあったので、もうそろそろかな。お盆には、レオン君やグリちゃん、歴代の猫たちが眠る畑の横のお墓の草取りをされたとのこと。暑い中お疲れ様です。墓標の木札も褪せて過ぎ去った年月を感じさせますね・・。


 T村家のはなちゃん

8月末にセイコーデザイン部の同僚だったM山家御一行が、ゲリラ豪雨とともに新築祝いに幼児2人を含む8人でご来宅〜〜だったそうです。宇都宮はいざとなったら餃子があるからいいよね。はなちゃんも接待係が大変だったようで、最後は寝室の奥に行くよね。みんなが帰った後はベッドの上で爆睡ニャー!


 佐久のはじまりの猫、茶太郎、ミーちゃん、子猫のシロ、テンテン、チャッピー、チャロ

佐久の実家の庭に猫が住むようになったそもそものきっかけは茶太郎とミーちゃんだ。2001年1月か2月頃、もう21年前の話です。

 

たまたま帰省していた私が近所の物陰に背中に雪が積もって寝ている猫を発見。寒い中で可哀想に思いカリカリをやり始めたのが発端。後に、隣のトヨペットに鳴き声がすると持ち込まれた車から飛び出した猫がどこかに逃げ去ったとの話を聞いた。その子の写真が1・2枚目、長毛チャトラの茶太郎です。約1年の間どこで寝ているか分からず触れなかったけど母に慣れて、食事時には現れて日中は実家の庭で過ごすようになった。母、いい顔してるね。

 

翌2002年春のある日のこと。茶太郎は長毛三毛の女の子(ミーちゃんと名付けた)を連れてやってきた。そしてエサ場のカリカリを先に食べさせてから自分も食べた後、その日を境に茶太郎は姿を見せなくなり!!ミーちゃんが暮らすようになり、1ヶ月後に4匹の子猫を出産したのでした!全員長毛で明らかに茶太郎とミーちゃんの子供たちだった。

ミーちゃんと4匹の子供たち。青い目のシロ、三毛のテンテン、チャトラのチャッピー、チャロ。チャロを除く3匹は、それぞれにある日、唐突にいなくなってしまい、ミーちゃんとチャロの2匹になった・・が、生粋の野良だったので触ることができずなかなか避妊ができなかった。この後ミーは2回、チャロは1回出産したがその後全員の避妊去勢を済ませました。大変だったよ〜〜💦

0 コメント

個展めぐり・3ヶ所行ってきました 2022

昨日今日と若干涼しくなったけど、まだまだ暑い日が多い。最近になって友人達が続々と個展を開いているので見に行ってきました。

コロナのオミクロン株で7波に突入、感染しやすいが重症になりにくいというのもあってか、街中はコロナ前と変わらない人混みだ。東京は湿度が高く汗が張り付いて身体が重い。2日にかけて出かけたが汗だくで疲労困憊でした〜。


山本祥子個展「竜宮」 HOW HOUSE :谷中 

MJの人以外で、とても親しくしている大活躍中のイラストレーター、山本祥子さんです。

現在の仕事は時代物の装画や挿絵が多い山本さんですが、忙しい中オリジナルの絵をたくさん描かれていています。今年TISコンペに初めて応募して入選、即、TISの会員になったほどの実力者です。

装画コンペで知り合ったのですが、持って生まれた画力の確かさと、感性と発想の豊かさは、イラストレーターの中でも群を抜いているのではと思います。2017年の個展「宮本武蔵vsX」は衝撃を受けすぎて脱力するほどの完成度の高さでした!

山本さんのHPは、ぜひぜひ見てほしいと思います!!→ https://www.sachi-coll.net

 

最初の2点はB2の大きな作品です。隅々までしっかり描かれていてどこを見ても楽しい♪他にB3~A3、A5の小さな作品も沢山あり見ていて飽きさせず素晴らしい展覧会でした。


南伸坊個展「おめでたい絵」スペース ユイ :外苑前

伸坊さんのおめでたい絵!外の暑さを忘れるほど気持ちがゆったりしました。おめでたい絵を描かせたら伸坊さんの右に出る人は無し!!

伸坊さんにはMJの授業の講師で来て頂いたことが何回かあり、だいぶ昔に伸坊さんの事務所に伺ったこともあります。年賀状には必ず顔真似の写真入りの手書きのお返事を下さって大事にしています。伸坊さんのHPです。ホンワカすること間違い無しです。

https://tis-home.com/minami-shinbo


水沢そら個展「Chabby」URESICA :西荻窪

MJの友人、そら君の初の漫画作品「ちゃっくん」発行記念の個展、原画の展示と描き下ろしの作品です。

昨年夏に、18年間共に過ごした愛猫Chabbyこと「ちゃっくん」を亡くしたそら君が描き下ろした漫画の数々、そら君の深い愛情が胸に迫る素晴らしい個展でした。このギャラリーは写真撮影不可なので、購入してきた本の写真を載せておきます。

そら君HPです、→https://www.tis-home.com/sora-mizusawa/

0 コメント

「川べりにて」 2022

久々に「昭和メモリーズ」シリーズを描いてみました。

「川べりにて」自分が幼稚園時代に住んでいた、東京目黒区の柿の木坂の家の前で母と撮った写真をもとに描きました。

今、柿の木坂は高級住宅街だが、当時はごくごく庶民的な町だった。東横線の都立大学前が最寄りの駅。家の前を流れる川は現在は暗渠になってしまっている。道路は土で、川の土手は草が生い茂り遊ぶのにはかっこうの場所で、水かさも多くなく、川に降りては水遊びをした覚えがあり川に落ちて水浸しになった思い出も。ネットで調べたら人形は文化人形というらしい。この時代はまだお米が配給性?だったようで、お米が無くなると満州で覚えた餃子が定番だった。小麦はあったんだね。

写真は日本玩具博物館からお借りしました。https://japan-toy-museum.org/archives/monthly/日本の近代玩具「文化人形」

0 コメント

頂いたものと作ったもの 2022

今までに友人から頂いた美味しいものを、ブログに載せそびれていて時期を逸してしまった。お盆の日に載せておきます。

 

先週、小諸のK山さんから大きな桃!!が届きました。「あかつき」という品種。当日1つ食べてみましたがまだ固いので、2〜3日常温で追熟させて食べたところ、ものすごくジューシーで甘くて今まで食べた桃の中でも最高の味でした!毎日桃を食べてます〜〜幸せ。

桃は常温が美味しいですね。13個のうち5個を贅沢にも初めてジャムにしてみました。桃ソースです!パンに乗せるよりこのまま食べた方がずっと美味しいのでデザートです。

 

同じく!小諸のK山さんから6月に届いたブロッコリーです!K山さんはブロッコリーの生産者なので、すごく立派な大きい新鮮な株が8個もぎっしり入って、ブロッコリー好きにとってはたまりません。2個を近所のsaceさんにお裾分け。電話するとすぐ飛んできました!

作った料理を載せておきます。毎日贅沢な献立でした。

⚫︎ブロッコリのカニ玉あんかけ(カニはカニカマ💦)

⚫︎ブロッコリと牛肉のオイスター炒め

⚫︎ブロッコリのフリッター

⚫︎ブロッコリポタージュ

⚫︎ブロッコリの茎のザーサイ風、これは写真撮り忘れ・・。

 

6月に山形の大親友、Mっちから届いた佐藤錦のさくらんぼです!さくらんぼが大好物なので、毎年この季節に送ってくれます。Mっちは中学の同級生でバレーボールのクラブで一緒でした。お米の「つやひめ」を作る農家でうちが食べるお米はずっとここから買ってます〜。

 

毎年作るあんずジャム。長野の千曲市から取り寄せました。毎年たくさん作って、手土産や贈り物に使っていますが大半は私が食べる用。

秋にはプルーンジャムを作る予定〜。

2 コメント

「風と遊ぶ」 2022

時代物シリーズ「風と遊ぶ」を描きました。

最近の一連の時代物の絵は、女性と猫と花をテーマにして描いています。今まではどちらかというと男性を描くことが多く、仕事でも男性が主人公の小説の装画依頼が大半でした。時代物なのでまずは男性をと描いてきましたが、最近は女性が主人公の時代小説も多いので女性中心の絵を描くようになりました。この絵はデジタルの3枚目、ipadのプロクリエイトで描いています。

0 コメント

東 久世個展「イヌツゲ荘の折々」 2022

連日の暑さと、新型コロナの感染者拡大、絵を描いている最中、ということもあって、なかなか展覧会に行けない最近だったが、MJの恩師、峰岸達先生の誘いとMJ友人の若林夏さんからも連絡を受け久々に展覧会に行ってきた。久々にMJ関係の人たちと会って、見た後は飲み会で楽しく過ごしてきた。


東久世個展「イヌツゲ荘の折々」8月1日〜8月10日 銀座伊東屋K.Itoya B1F

東さんは動物をメインに描いていますが、書籍の装画も数々手がけていて、色合いや処理に独特の雰囲気があり大人の香りがする絵です。新しいタッチの絵もありとても楽しい時間でした。ぜひ東さんのHPを見てくださいね。お洒落な東さんの写真も載せました。

東久世さんHP→https://hisayoazuma.net

 

峰岸先生もとってもお洒落に決めてました!!会場に来ていたMJの石橋澄さんとも久しぶり。お二人のHPもぜひ見てくださいねー。

石橋澄さんHP→https://ishibashisumi.tumblr.com

若林夏さんHP→https://natzz6651.wixsite.com/natsuwaka

0 コメント

「自転車に乗って」 2022

昭和メモリーズシリーズ「自転車に乗って」を描きました。昔の写真を参考に描いています。

白黒でしかもかなりボケている写真だが、まだ若い父と一緒に近所に出かけたのだろうか、幼い私と一緒に写っている父はこの時は30代かな。戦後やっと就職できて熊谷支部の時代かと思う。この絵もiPadのプロクリエイトで描いてみた。若干慣れてきたがまだ時間がかかる。

0 コメント

7月の猫たち 2022

7月に入ってから新型コロナのオミクロン株の1つ「BA.5」の感染拡大が止まらない。日本は現在1日の感染者数で世界1位だよ!!

日本政府は相変わらずワクチン接種3回目4回目?!と推奨しているが、ワクチンのブースター接種は、免疫を破壊し未接種者より免疫機能が低くなるADE(抗体依存性増強)になるとの研究結果も出ている。ワクチンはすでに期限切れもあり、そもそもが当初の武漢由来のデルタ株用の治験用!ワクチンだったのだ。オミクロン株用のワクチンが4回目からと言われているが、これもアメリカで認証されたけれど検証期間がほとんどなく世界中を相手にした遺伝子ワクチンの治験だということを忘れてはならない。

ワクチン東京都は昨日の感染者は3万3466人土曜日で過去最多。4万人を突破した日もあった。


 sace家のビーたん、ミケーネちゃん

ミケーネちゃんは人見知りが激しくなって、私がsace家に行くと押し入れの奥深くに潜んでしまって全く出て来ない〜泣。そんなわけで7月は2回も行ったのにミケーネの写真がありません・・。ビーたんが隣に座って慰めてくれました。相変わらず水槽から水を飲むのねー。


 T村家のはなちゃん

ニャルソックで中庭警備が日課になってしまった花ちゃんです。お昼寝にちょうどいい大きさの石です。暑いけど外は気持ちいいよね。

 

はなちゃんのためにと思って行った里親譲渡会には里親の条件があり、60歳以上の高齢者は万が一の場合に猫を養育できる後見人が同席しないと参加できない!とのことで残念ながら参加断念だそうだ。庭に咲いた大きな山百合と河原撫子が素敵。


★ K山家の美々ちゃん

いい写真ですよねぇ!百合の中にちっちゃな雨蛙!カエルくんも気持ちよさそうだ!美々ちゃん元気でいるかな?

連日の猛暑でも小諸は朝晩はしのぎやすいでしょうか。佐久の家に行った時は、暑くても日陰に入ると風が気持ちよかったことを思い出します。


 佐久の思い出の猫、グリ・イッチ・ミー・ハナ

2007年夏の4匹。グレー白のグリ、チャトラのイッチ、ミケ長毛のミー(イッチとハナの母親です)、三毛のハナ。

もう皆んな天国に行っちゃったけど、秋海棠のそばは気持ちよかったよね。皆んな好んで木陰で涼んでました。

0 コメント

「雨の中」 2022

連日暑い日が続いているし、コロナの感染者も増えてきたので家にこもって絵を描いている。

Ipadを購入してからずっと食わず嫌いだったけれど、秋からは週1の連載小説挿絵が始まるし、なんとかしないとこのままではまずいゾ!と、少しずつやり始めた。今日載せる絵がデジタルで描いた初めての絵です。

 

2 コメント

「くちなしのひと」 2022

時代物イラストレーション、ベランダのくちなしの花が今年6月には美しく沢山咲いて、窓を開けると香りが部屋中に広がり、佇んでいると幸せな気持ちになった。その花と、猫と遊ぶ女性を描いてみました。実際バックの色味はもう少し緑っぽいのだが、うまく出せなくて残念。

スキャンし直して画像を入れ替えたけどまだ緑が出てないな・・。

0 コメント

「暁天の星」葉室燐 著 文庫装画描きました 2022

葉室燐:著「暁天の星」

装幀は芦澤泰偉 氏、PHP文芸文庫から7月7日発売。

2017年に亡くなった直木賞作家、葉室燐氏の絶筆となった未完小説です。明治維新後、外務大臣として尽力した陸奥宗光の生涯を綴った小説で、読んでいてこれからどうなっていくのか、というところで絶筆となってしまい、作者もどれほど無念だったか、察するに余りあります・・。

 

こちらが手描きの原画です。文庫の2倍のサイズで描いています。

 

こちらは2019年発売の単行本です。

 

今回はラフ案をipadで描いてみました。ipadはまだまだ練習中〜。

0 コメント

「カラマツ林を歩く」 2022

東京は猛暑日が9日も続く記録的な暑さだった。今日は曇りで雨も降っていて少しは凌げるようだが、湿気がすごくて結局はクーラー全開状態だ。今年の夏これからが思いやられる。涼しげな絵を描いてみたがいつもとは違う描き方をしたので時間がかかってしまった。

0 コメント

6月の猫たち 2022

東京は27日に梅雨明け(観測史上最短)連日猛暑が続き、熱中症アラートが出ている。熱中症になる人の数が多すぎる!最高気温は35度を推移、6月なのにこの暑さは異常です〜。

コロナも下げ止まりで全ての規制も無くなったが、この暑さの中でマスクを外している人も何人かはいるものの着けている人がほとんどだ。政府は屋外はマスクを外すよういうが、みんな律儀に外さない。自分は人通りの少ない場所ではマスクを外しているけれど手にはマスクを持っている・・。どうも同調意識から逃れられない〜。


★ K山家の美々ちゃん

K山家の美々ちゃん、相変わらず自由気ままですね。レオン君やグリちゃんと一緒だったあの楽しかった頃を思い出しているかな。

 

ブロッコリーが大きくなって忙しくなってきたK山家。今年は畑も増やしたそうなので、毎日の収穫作業が大変ですね。先日、沢山のブロッコリーがクール宅急便で届きました。大きくて新鮮で甘くて美味しいブロッコリー、ありがとうございました!

E-girlsの元メンバーの歌手の武藤千春さん、小諸で農ライフ活動をしていてK山さんちのブロッコリーを仕入れに来ているそうです。スタイル抜群で可愛い方ですね。K山さんなんだか嬉しそうです〜♪ 武藤千春さんの記事とTwitterです。

https://news.yahoo.co.jp/articles/66b0eea0bd7f35d4af6f134463b2d6a0f0c5f64e?page=1

https://twitter.com/iamchiharumuto?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor


 古夜さんちの福ちゃん、七々ちゃん、合わせて七福ちゃんと、庭の猫

最近は2人ともこの暑さでグッタリらしく、クーラーや扇風機の風がよく当たる所にいることが多いんだそうです。いつにも増して寝ている写真多いね笑。七ちゃんの爪研ぎの場所はソファー・・。ちゃんは夏になるとパソコンの前の机でお昼寝。ヒンヤリ冷たいのかな? 

 

何匹か来ていた猫たちは、この白黒しか来なくなった代わりに新顔のシャム系の子が来るように!写真はまだ撮れていないそうですが、小柄で足を怪我をしているようでなおかつ妊娠しているようにも見えるって〜〜!。捕獲して病院へと考えているけれどなかなか捕獲できないと書いてありました。古夜さんー!地域のボランティア活動している団体を探して捕獲機を貸してもらったらどうでしょう?慣れていない猫は無理ですよ〜。自分の庭に設置できるんだもの、気は楽かと。意外とすぐ入ってくれるかもです。

 T村家のはなちゃん

1日3回のニャルソックを欠かさないはなちゃん。すっかり外がお気に入りに。4月にT村家に遊びに行った際に、廊下から外に出たそうにしていたって夫が窓を開けて💦外に出してからの習慣になってしまったらしい。ごめんなさ〜い。T村さん曰く、臆病なので呼ぶとすぐ戻るし土の上は歩きたがらないらしい。


 sace家のビーたん、ミケーネちゃん

賃貸マンションの各戸の排水管工事で、1週間だけ同マンションの別の部屋に移動のsace家。移動当日に行ったらビータンは余裕だったけど、ミケーネはビビりまくりで洗濯機の下に潜り込んでしまって大変でした。引っ張り出したら部屋の隅にサササーっと隠れてしまったよ。

アルミ製の猫鍋がヒンヤリして気持ちいいのか、まったりのビーたんです。


★ 近所の猫 白キジトラ君、駒沢の猫、里親募集の猫

近所には4匹くらいの猫が通る。餌場を何ヵ所か持っているのか、この場所にゴハンを出しても来ない日もあり、カラスやオナガに食べられてしまうことも多い。最近はほとんど猫に会えないのでカラス防止のためゴハンを出していなかったが、たまたま会えた時にはゴハンを進呈している。キジ白君は耳カットしてありふっくらして状態も良さそうです。

 

友人のグループ展に駒澤大学前のMount tokyoに行った時のこと。帰りの住宅街の塀の上で見かけた猫さんです。この子も右耳カット(♂)してありました。指を近づけて挨拶、人懐こくて可愛い黒白君でした。

 

MJの友人から拡散希望できた子猫の里親探し。知り合いの庭先に来ていたそうでこんなに可愛いキジ三毛なんだもの、すぐ里親さんが決まったそうです♪よかったね。


 佐久の思い出の猫、2014年6月のグリ

2014年はグリがK山家に里子に行った年です。この6月頃にK山さんから家に迎えたいと言われて安堵したことを思い出します。佐久の実家での最後の初夏、気持ちの良い季節でした。

猫あるある、押し入れには必ず入るのがお決まりですよね。母の手書きのカナ習字を貼った襖、古いねーー。

春から初夏、夏と、庭と畑は雑草が生い茂って、実家に帰省の度に草むしりがお約束でした。滞在中のほぼ全時間を費やしての草むしり、良い運動でした!体重もこの間で2〜3キロ減量できたけどネ。写真1枚目と2枚目は畑のビフォーアフターです。

バイカウツギ、シモツケ、サツキ、庭中に花が咲き、緑あふれて目に沁みるようでした。

2014年6月中旬の佐久

0 コメント

グループ展「HYGGE #2」見てきました 2022

グループ展「HYGGE #2」 MOUNT tokyo:駒沢

MJの友人、いしざきなおこさんが参加しているグループ展を見てきました。「HYGGE」とはデンマーク後で、居心地がいい空間、楽しい仲間、の意味で、8人が参加しています。

駒沢大学前から徒歩10分でちょっと遠いけれど、やはりMJの友人の南之園ゆり子さん、イラストレーター、音楽家の友人5人でランチも兼ねて行ってきました。東京は梅雨に入ってこの日は夏日、結構汗になったけれど外を歩くのは気持ちが良いものでした。

いしざきなおこさんHP→http://inaoko.blogspot.com

南之園ゆり子さんHP→https://yurikominaminosono.com/illustration/

 

いしざきなおこさんの4点。ブルー系で描かれた中に黄色が映えています。シンプルなんだけどとても味わいがあって素敵です。

こんな風にゆったりしてのんびりするような絵が描けたらなあ。

 

chiyoさんの4枚です。chiyoさんHP→https://www.instagram.com/chiyoko1023/

ご本人にお聞きしたら製図用の0.02のペンで自由に描いているそうです、ビックリ!楽しいだけでなく構図も良いし、色の取り合わせも素敵でした!バックの色も手描きで、花や鳥、動物の部分はコラージュになっています。

 

順に、名渡山彩子さん、ヒラヤマメグミさん、姫野はやみさん、yuko maegawaさん、青山和代さん、鈴木なるみさん、です。

ノビノビとしていて気持ちの良い絵ばかりでした!

0 コメント

5月の猫たち 2022

今年の5月は、観測史上一番気温が高いとのこと。一昨日は31.2度の夏日、昨日も30度近い。自分は暑さに弱いのでまだ身体が慣れずダルくて参っていたが、今日になっていきなり19度で雨が降って肌寒い。

新型コロナは5月中旬に制限が解除になった。外国人観光客も6月半ばから入れるらしい。変異を続けてオミクロン株に変わったコロナ株に3回4回とワクチンを打つよう言っているが、そのワクチンは期限切れのものを修正して延ばしたものだよね。しかも第1波の武漢株に対するワクチンなので効果は無いのではないか。この遺伝子ワクチンは実証されたものではなく、実は2023年までの治験中、ワクチンの後遺症の酷さと死亡も接種者の方が多いようだ・・。


 T村家のはなちゃん

先月、夫とT村家に遊びに行って来たが、その時にはなちゃんが外に出てしまい、以降、外で日光浴をするようになったとのことです。お嬢様育ちなので土の上は歩かずに石の上を一回りしてすぐ帰ってくるらしいけど、最近は日課のようになり遠出するといけないと、リードを買ったそうです。

検査のため動物病院でお腹の毛を剃られたはなちゃん。いろいろ検査して、気管支炎が少しと、喉に多分良性のポリープがあったとのこと。ペット保険に加入していたので3割負担で助かるね。

お気に入りの場所でニャルソック中のはなちゃん。ここ、出窓にしてもらえばよかったね・・。


 sace家のビーたん、ミケーネちゃん

1ヶ月ぶりにsaceさんちに遊びに行った。ビーたん、この日は元気に遊んでくれました!「ネコ満足じゃ」という蹴りぐるみは、ミケーネと争奪戦になるほどのオモチャだそうですよ。カーテンの虎の柄とビーたんが同期してますーー。良いお顔が撮れました〜!

1ヶ月に一度会うくらいではミケーネちゃんはなかなか慣れてくれなくて残念。しばらく無視していてやっと「家政婦は見た」状態に。チュールには勝てずそろそろと来てsaceさんの膝に上へ。


 古夜さんちの福ちゃん、七々ちゃん、合わせて七福ちゃんと、庭の猫たち

今年は3年ぶりに庭いじりや、家庭菜園を楽しんでいるとのこと。2年続いているコロナも制限が解除されてきたから気持ちがちょっと楽になってきましたよね。変な顔で夢中でちゅ〜るを食べる七々と、順番待ちの福ちゃんです。ホントにチュールって好きだよねー!福ちゃんは、自分の分が残っているか心配そう…?

古夜さんちの庭には何匹も猫が来るらしい〜ホント羨ましい環境です。この黒猫はたまにしか来ないレアキャラとのこと。どこかの白黒ちゃんもたまに来るらしいし、今回写真はないけれどラグドールっぽい新顔が現れた!って。ロシアンブルーっぽいグレー猫と喧嘩していたらしいです〜。庭があると気持ち良い上に、いろんな猫がきて退屈しませんね!


 佐久の思い出の猫、グリ

2011年の実家で。牙がグラグラしていて歯茎に引っかかってちょっと変顔になってます。グリは骨格が元々体格が良く、推定8歳のこの頃もまだ太っていたっけね。

佐久の5月は東京より1ヶ月ほど遅い。5月初めの頃には、下仁田ネギとカボチャを植えて味噌を仕込んで、雑草取りと、行っている間中忙しく働いていた。母が生前元気な頃は、春夏野菜として、じゃがいも、トマト、下仁田ネギ、胡瓜、茄子、とうもろこし、枝豆、ししとう、蕗、茗荷、ささげ、大葉、ルッコラ、バジルを植えていた。秋野菜は大根、白菜、かぶ、ほうれん草、青梗菜、ター菜、といろいろ作ってたなー。

0 コメント

須貝美和個展「POINT LINE PLANE」 タダジュン「本とインク」版画展 2022

最近はすっかり出不精になってきて、友人たちの個展やグループ展も気になりながらも行けないことが多い。行った展覧会も、ついブログに載せないままにしてしまったものもある。また少しずつアップしていくようにしたい。昨日に行った展覧会です。


須貝美和 個展「POINT LINE PLANE」 HBギャラリー:表参道

MJの親しい友人の須貝さんの個展に行ってきた。彼女の絵は以前の光溢れる風景画でとても上手で美しかった。最近は絵がどんどん変化してきて、無駄なものを取り払い形そのものを追求した結果の現在は、とてもシンプルで力強くまるでデザイン画を見るようだ。形を極限まで削ぎ落として表現したモノクロの静かな佇まい。まだメタモルフォーゼしていく過程かも。2年後のHBギャラリーでの個展に向けて新しいチャレンジをしていくようだ。

須貝美和さんHPはこちら→https://sugaimiwa.com


タダジュン「本とインク」版画展 ギャラリーハウスMAYA:北青山

タダジュン氏の版画展、日本人離れしたちょっとシュールな題材はとても惹かれる。本の挿画になった版画も多く、ものすごく完成度が高い!原画は販売されていて欲しい絵もあった・・。

 Googleでの画像はこちら→ タダジュン

この絵の細部を大きく撮ってみた。バックの黒で塗った上に、版画を切り取ってコラージュしてある。微妙な凹凸感が印象深い。


所用で帰りに銀座に寄ったら、松屋の側ブルガリ横の街路樹がちょうど花盛り。なんと!栃の木だったのでビックリ!

栃の木は好きなので、こんなに沢山咲いていて感激、銀座にこの木が植えられているんだね〜。

0 コメント

「MJイラストレーションズブック 2022」に参加しています 2022

今年も「MJイラストレーションズブック 2022」に参加しています。

全国の大型書店、MJのオンラインショップ(下記参照)で絶賛発売中ーー!

 

2005年10月に始まったこの塾は当初、半年単位で1期としたが、18期目から1年単位に変更して今年は26期目になる。

2008年から毎年続いた「MJ展」は2020年2月の展覧会をもって終了したが、くしくもその年から新型コロナが流行し始め、世界中でパンデミックになり今もって感染者は減ってきてはいるが収束はしていない。

そのため峰岸達主宰の「MJイラストレーションズ」は2020年からZOOMに切り替えて授業を続けている。新規の入塾者は例年募集と同時にすぐ埋まるほどの人気で、今年も5月中旬から授業の予定になっている。

「MJイラストレーションズブック」は2013年に第1号を出版し今回は9号目。1号目からこの本の制作委員となりすでに9年。1号目の参加者は93人だったが、毎年増えていって今年は188人が参加している。ずっしりと重く見応えが凄すぎる〜!

 

MJブックの紹介とオンラインショップはこちら!→http://minegishijuku.com/?p=27963

今年の表紙イラストレーションは7期生の田口実千代さん。田口さんのHPはこちら!→https://mitiyotaguti.tumblr.com

 

先日の4月16日に六本木のストライプハウスギャラリーで、参加者と在塾生、出版社やデザイナーへの献本と約1100冊近く梱包を済ませた。ホントに久しぶりに皆んなと会えて嬉しかったなーー!

0 コメント

4月の猫たち 2022

今月は暑かったり寒かったり、雨も多く4月としてはあまり春らしくなかったように思うが、それでも花や新緑の季節になって、やはり気持ちが良い。

新型コロナももう2年が過ぎ3年目に入るが、4月末から蔓延防止等がなくなってこのゴールデンウィークはかなりの人出らしい。ワクチンも8億8千万回分も買ってしまった政府だが、余った分はどうするのか?3回目摂取は全体で56%位、高齢者は86%で若い人が少ないらしい。高齢者に4回目と言い始めとにかく打たせたいらしいが冗談じゃないですよ。

データも公表しない治験中のワクチンでリスクが大きすぎると思う。もういい加減やめたらどうなんだ!?と思いませんか?


★ K山家の美々ちゃん

ブロッコリーの植え付けが始まった畑、植物の成長は早いですね!遠くに見える浅間山、もう雪は溶けたでしょうか。今年は作付け面積も広くしたそうで、以前はグリやレオン君のお墓の後ろは一面の雑草だったけど現在はすでに畑に。忙しくなりますね。

畑のそば、K山家猫たちのお墓から見える桜も4月中旬には満開に。広々と空が青い!

美々ちゃんは1匹じゃ寂しいかなと思ってたけど、自由気ままに過ごして寝てる写真が多い・・。2階の窓から外を歩く猫を目撃した途端「シャーッ」とお怒りモードだったらしい。しばらくは興奮状態で近寄れなかったって?ホント?新入りは無理〜?


 sace家のビーたん、ミケーネちゃん

いつも元気なミケーネちゃん。ビーたんの体重を超えて5キロ台に?美猫になったね。相変わらず人見知りだけど、出てくるまでの時間は短くなって嬉しいです〜。ビーたんの体調はまあまあのようで、抱っこもさせてくれておばさんは嬉しいぞ〜。


 T村家のはなちゃん

一軒家を新築したT村さんちへ夫と行って来ました。平家なんて贅沢の極み〜。T村家はグレーと黒を基調としたとてもモダンな家です。とにかく広々として、一切を収納しているため物が全く表に出ていない。洗面所と風呂場とトイレが大きく一部屋になっていてインテリア雑誌に載っているようでした。汚したらマズイ!って、使用後は台を拭いたり壁を掃除をしてしまいましたよ。はなちゃんは深窓の令嬢のようでした。


 古夜さんちの福ちゃん、七々ちゃん。合わせて七福ちゃん

9冊目となる「MJイラストレーションズブック2022」が4月22日にに発売されました。古夜さんは1号目からの掲載メンバーです。彼のサイトです→https://modernttf.wixsite.com/toshitaka-furuya

「爪研ぎハウス」を購入してみたら、2匹とも気に入ってくれたそうで、この上で毎日福ちゃんは昼寝。2匹で使ってくれて飼い主冥利につきますね!

福ちゃんはブランケットをふみふみ、おしゃぶりします。七ちゃんはストーブが好きでまだ寒い日はこうしてお気に入りの座椅子で寝ているそうです。

どこかの猫2匹が庭に来るなんて羨ましい〜。やはり1軒屋の強み?グレーの方は1mくらいの所まで近づけるらしい。


 鹿又家のタンタン、トントン

鹿又君も「MJイラストレーションズブック2022」に掲載中です。この絵は椎名誠の著書「階層樹海」の装画と挿絵です。椎名誠が彼の絵を気に入ってこの仕事に繋がったとのこと。沢山描いて持っていったら、小説の挿絵として間に何枚も入れることになったそう。鹿又さんのサイトです。→https://kkanomata.com

テンテンとトントン、1歳になった天ちゃん、猫と兄妹可愛いねえ。


 佐久の思い出の猫、グリとイッチ

2009年の4月7日は母の命日です。4月初めの佐久の庭はやっと芽が出てきた頃。この写真は4月下旬かと思う。グリとイッチと2匹で仲良かったなあ。茶トラのイッチ君はこの年10月に虹の橋に旅立ったっけ。4月の1か月の間に福寿草や水仙、コブシが順に咲いて寒々とした庭が息を吹き返したようだった。

0 コメント

春の墓参 2022

2年ぶりに春のお墓参りに行ってきた。昨年はコロナ騒ぎの真っ只中で(今も真っ最中なのだけど・・)墓参に行かなかったけれど、天気も良かったこともあって出かけることに。4月下旬の陽気とかで雲ひとつなく晴れ渡って久しぶりにとても気持ちがよかった。バスを降りてから霊園までと、そこからお墓までが全く日影がないので往復で少々疲れたかな。自宅付近の桜はあらかた散ってしまったが、ここは満開は過ぎたとはいえまだ桜が綺麗に咲いている。

お墓へは緩い山を登っていくのだが、途中で紅葉の花が咲いているのを初めて見た。小さくて地味な花なんだね。空が広い!!

レンゲツツジも満開になっている。ここのはピンクだけだったが、佐久の実家でも母が好きで植えていたのはピンク、オレンジ、黄色の蛍光色で、明るくて目に鮮やかなレンゲツツジだったっけ。

2 コメント