2018年

1月

15日

挿絵の練習「二十六夜待ち」 2018

MJの課題「挿絵」です。

いつも時代物や昭和物を描いているので、今回は純文学系の「二十六夜待ち」を選んでみました。佐伯一麦の珠玉の短編です。

 

震災による津波で何もかも失った女が働き始めた小さな飲み屋、その店の店主は記憶をすべて失い、自分が自分が何者かさえ分からない孤独を抱え込んでいる。ともに心に傷を抱えた男と女は、引き寄せ合うように心と体を寄り添わせるようになり・・。

0 コメント

2018年

1月

07日

和田はつ子 作「大江戸ウーマンドクター」12月31日 1月7日合併号挿絵 2018

しんぶん「赤旗」日曜版 12月31日・1月7日合併号
和田はつ子さん「大江戸ウーマンドクター」第55回目です。

 

連れ去られて、麻酔をかがされたお悦が気付いた時、手足を縛られ猿ぐつわを噛まされて蔵の中に転がされていた。遠藤陶益と薬種問屋坂本屋のくぐもった話し声が聞こえる・・。

0 コメント

2018年

1月

05日

りんご美味しくいただきました 2018

昨年12月にK山さんから頂いた「ふじりんご」

蜜がたっぷりでシャキシャキしてとっても美味しくて毎日1個を食べていましたが、残りの3個を昨年のクリスマスの日に大好きなコンポートにしました。

ごちそうさまでした!!

 

今回はレモンのスライスも一緒にしてお洒落な感じにしてみましたよ。

レモンもすごく美味しかった!

これで夫がアップルパイを作りました!(写真なし・・)

0 コメント

2018年

1月

03日

1月のK山家・グリは寝正月 2018

1月1日にK山さんから今年はじめてのお便り来ましたー!

レオン君、美々ちゃん、グリちゃん、共々に無事新年を迎えたそうです。

 

グリは2004年2月11日に佐久の家に忽然と現れ、あれからもうすぐ14年。

来た時にすでに成猫だったから若く見積もっても15才になりますね。

2014年11月にK山さんちの子になって幸せな家猫になりました。おじいさんになったけれどまだまだ食欲もあるとのことで、今年も元気にのんびり過ごしてね。(クリックで拡大します)

 

佐久から持ってきた昭和な脱衣カゴで、グリと美々ちゃん。

 

戌年なのにウサギの被り物をお姉ちゃん達に着けられたけれど忍耐!

 

仲良しのレオン君と美々ちゃん

2 コメント

2018年

1月

02日

年賀状・その2 2018

2018年の年賀状、毎年2種類描いています。

年賀状その2です。国芳の猫をもじって犬にしています。

0 コメント

2018年

1月

01日

あけましておめでとうございます

昨年はイラストレーションの仕事が充実した1年でした。

皆さまにとって良い年になりますように。

今年もよろしくお願いいたします。

 

昨晩、大晦日のEテレ「2355・0655」で、

今年の運勢は(高速で画面が次々と変わるところを携帯で撮るのですが)

何と!「富士・鷹・なすび」幸運がまとめてやってくる!でしたよ!

0 コメント

2017年

12月

27日

和田はつ子 作「大江戸ウーマンドクター」12月24日号挿絵 2017

しんぶん「赤旗」日曜版 12月24日号
和田はつ子さん「大江戸ウーマンドクター」第54回目です。

 

お産の立会いを済ませ清悦庵に戻るお悦とおみ乃の行く手に、人影が現れてお悦たちに襲いかかってきた。お悦の代わりにとらわれてしまったおみ乃。朝になり産神堂の高弟がやってきて、お兼が出来ない整胎をさせるべくおみ乃と引き換えにお悦を連れて行くのだった・・。

2 コメント

2017年

12月

20日

和田はつ子 作「大江戸ウーマンドクター」12月17日号挿絵 2017

しんぶん「赤旗」日曜版 12月17日号
和田はつ子さん「大江戸ウーマンドクター」第53回目です。

 

のぼせが酷く近々子癇を起こす患者のお光は、前身が花魁だった。呉服問屋におさまっても贅沢三昧がやまず、臨月に入ってから症状が悪化していた・・。

0 コメント

2017年

12月

14日

和田はつ子 作「大江戸ウーマンドクター」12月10日号挿絵 2017

しんぶん「赤旗」日曜版 12月10日号
和田はつ子さん「大江戸ウーマンドクター」第52回目です。

 

同心の細貝が酷く青い顔をして清悦庵にやってきた。身籠った犬がなぜ殺され たのか。お悦は細貝と寺の裏手の松林に赴くと、そこには按摩の犬の「朝日」が血にまみれ変わり果てた姿で死んでいた。腹部を調べるお悦。そして血の跡を辿っていくとお悦は言った「子犬の鳴き声が聞こえる」・・・。

0 コメント

2017年

12月

10日

12月のK山家・猫団子の季節 2017

K山家から今年最後の12月のお便りが来ました!

小諸はいよいよ寒くなってきたそうで、猫団子も頻繁になってきたそうです!

3匹でとっても暖かそうですね!

「グリは、歳のせいか痩せてきましたが、食欲は満点です。
寝起き顔は、しょぼしょぼでお爺ちゃんを隠せません。
レオンは、相変わらずお喋りで甘えて来ます。
美々は、成猫に成ったのか?にゃごにゃご鳴いています」とのこと。

グリちゃん、暖かいね、みんながいて、良かったね。

 

レオン君、カメラ目線でイケにゃんです!

ビビちゃん、カーテンレールに登ってる!

起きたばかりでしょぼ顔のグリ。鼻が出てるよ。

肉球がツヤツヤ!あずきと白いんげん?

4 コメント

2017年

12月

06日

和田はつ子 作「大江戸ウーマンドクター」12月3日号挿絵 2017

しんぶん「赤旗」日曜版 12月3日号
和田はつ子さん「大江戸ウーマンドクター」第51回目です。

 

弥吉の女房お時が大川の百本杭で遺骸で見つかった。番屋へ移され同心の細貝に呼ばれたお悦は遺骸を調べ双子だったことを確認した。その後、弥助に引き取られたお時は大八車に乗せられて帰って行った・・。

0 コメント

2017年

12月

02日

昭和メモリーズ 畑の収穫冬支度 2017

母が元気な頃、畑の夏野菜の収穫が終わった後、冬の漬物用の大根と白菜、下仁田ネギを作っていました。

この絵の母は70代の頃、猫がいたのは母が80代の頃ですが、一緒に描いてみました。懐かしい思い出です。

母は2004年に圧迫骨折をしてから次第に元気がなくなり2007年に亡くなりましたが、あの世でこの絵を見てくれていると嬉しいな。

2 コメント