2016年

10月

25日

グリ、自由気ままに 2016

日が短くなり次第に暗くなってくる夕暮れの中、佐久の庭でたった1匹で過ごしていたグリ。秋から冬は寂しかったよね。

そんな気持ちと感謝の気持ちをK山さんにメールしたところ、お返事とともに思いもかけず写真が送られて来ました!

今はK山さんの家で皆さんに愛されものすご〜く自由に過ごしているそうです。

 

K山さんからのメールです。

「小諸の朝晩は冷え込み、もうじき気温も一桁になりそうです。
グリは、僅かに残った奥歯が抜けるのか?痛そうな仕草をしていましたが・・
抜けたのかな?食欲旺盛です。
さすがに年齢を感じさせますが、自由気ままに過ごしています。
現在すでにRの枕元を占領して寝ています。早寝早起きでとても健康的!」

 

K山さん、いつもありがとうございますーー!!

4 コメント

2016年

10月

12日

秋のお墓参り 2016

今年はいつまでも暑く、お彼岸には義姉一家が行っているので、10月になってからのお墓参りになりました。天気もよくピクニック気分でした。

 

今年の春にも来たけれど、ブログに載せそびれてしまってました。

桜や花の季節だったから写真だけ載せておきますが、秋なのに春の写真ー変かな?  

0 コメント

2016年

10月

06日

10月のK山家 只今 占領中! 2016

10月のK山家、届きました! いつもありがとうございます!

 

>夜グリは、枕元。レオンは、足元。
>いつの間にか子供たちや嫁の布団を占領しています。

 

そんなわけで、もうちゃっかりお先に布団で寝ているグリです。

>朝晩かなり冷え込みがきつい時が増えました。
>寒いと何故だかグリもレオンも接近します。

 

信州の秋は早い、もうじき寒い風が吹き出して冬の季節ですね。

グリちゃん、鼻水出ているよ。

 

グリのノビ〜〜!

2年前の今頃は、まだ佐久で暮らしていたグリ。

K山さんちの仔になってこんなに穏やかな優しい顔つきになりました。

家族が沢山いて楽しいね。

2 コメント

2016年

10月

03日

プルーンジャム、今年も作ってみました! 2016

毎年作るプルーンジャム。

生で食べてもジャムにしても大好きな果物です。

去年までは、JA佐久浅間でジャム用のプルーンを袋で買い、佐久の実家で作っていたけれど、今年からはネットで初めて佐久穂町のサンプルーンを4パック、2キロ購入。6月に予約して、9月29日に届きました!

ここのは完熟ですごく立派!生で食べたら最高でした。

 

実を割ると黄色くなっているので完熟です。とっても甘くジャムにするのがもったいなくて1パックの半分くらい生で食べてしまいました!

果肉1530グラム、砂糖は果肉だけの重さの40%、レモン汁大さじ1入れます。途中アクが出てくるのでひたすら取っていきます。

 

真赤なルビー色!生から作るとプルーンの色はとても綺麗な赤になります。

大小取り混ぜ5瓶、できました!

0 コメント

2016年

9月

30日

葉室麟「潮騒はるか」10月号、 2016

幻冬舎「PONTOON」連載10月号。

電子雑誌になって2回めの扉絵を描きました。

モノクロで仕上げていたのがカラーになり、大変な分楽しく描いています。

佳境に入って終盤近く、12号で最終話なのですがどうなっていくのか全く結末が読めません。ハラハラです〜。

下は原画です。

0 コメント

2016年

9月

19日

動物イラストレーション 秋の猫たち 2016

MJの課題「秋」佐久にいた猫を描きました。

 

佐久の実家には昭和レトロなものが沢山ありました。

このミキサー、今はナショナルの資料館に寄贈しています。

グリが座っているテーブルは、山形に住んでいた55年前、社宅の新築後に購入したダイニングテーブル、さくでもずっと配膳台として使っていました。

当時はやっていたデコラ貼りで赤と黒のモダンなパターン、当時はすごくお洒落なデザインだったと思います。

上の絵は、K山さんちに里子に行ったグリ。現在13歳(推定)

私が佐久に行っていた時、台所で用事をしているといつもこうして坐って待っていてくれたね。今はK山さんちでのんびり過ごしています。

 

下の絵はハナちゃん、母が亡くなった2007年の秋に虹の橋を渡りました。

裏の庭のトヨペットとの境のフェンスに絡まっていた山葡萄の下でよく休んでいました。

5 コメント

2016年

9月

11日

9月のK山家 穏やかな顔のグリ 2016

9月になってK山さんからグリの写真が送られてきました!

毎月、嬉しいご連絡をありがとうございます!

小諸はもう朝晩が涼しいそうで信州は秋が早いですね。

グリの顔、牙が抜けて口元が変わったのは当然ですが、家猫になったからでしょうか、顔つきがとても穏やかな感じになっているのに気付きました。
佐久にいた頃の写真と比べると、あの頃は外での生活が殆どだったせいか目つきが鋭く、今とは明らかに違います。
グリの目もとは安心感が出てきてすごく嬉しいです。

レオン君とは付かず離れず、大人猫同士うまくやっているらしいです。

夜はお子さん達の布団の枕元で寝ていますとのこと。良かったねグリチャン。

0 コメント

2016年

9月

07日

時代物イラストレーション 装画練習 2016

MJの課題「装画」練習です。

前回は挿絵を練習しましたが、今回はその装画の練習で描いてみました。

タイトルは「潮騒はるか」著者、葉室麟

現在、仕事でこの小説の扉絵を幻冬舎PR誌「PONTOON」で月1回描いていますが、そのイメージに添うような装画にしています。

長崎の出島や南蛮船等、調べ物は楽しいですね。

2016年

9月

04日

葉室麟「潮騒はるか」9月号、 2016

幻冬舎・PR誌「PONTOON」連載 9月号です。

今月号から電子雑誌になりました。

紙媒体としては先月で終了。いままでは紙に印刷だったので、モノクロに仕上げていましたが、今月号からカラーになりました。

 

原画です

0 コメント